スマートフォン用の表示で見る

松下村塾

一般

松下村塾

しょうかそんじゅく

吉田松陰米国艦船に乗船を企てた罪で投獄され、1855年(安政2年)に出獄してから再び1858年に安政の大獄で投獄されるまでのおよそ2年間、萩で子弟を集めて教育した塾。(塾自体は、松陰が教えるまでは、2人ほど塾長をやっている。)

久坂玄瑞高杉晋作入江九一山県有朋品川弥二郎伊藤博文吉田稔麿前原一誠山田顕義など、その後維新明治政府の中心となる人物を多数輩出した。