スマートフォン用の表示で見る

松方弘樹

映画

松方弘樹

まつかたひろき

映画俳優

1942年(昭和17年)7月23日生まれ。時代劇俳優近衛十四郎と、人気女優水川八重子の長男。弟は俳優の目黒祐樹

明大付属中野高校3年の60年、父近衛十四郎が所属する東映に入社。「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でデビュー。以来、「赤穂浪士」、「瞼の母」、「伊賀の影丸」、「二郎長三国志」など時代劇を中心に甘い二枚目スターとして人気を得る。69年大映に移籍、「眠狂四郎円月殺法」、「皆殺しのスキャット」などの主演俳優として活躍。

71年に東映に復帰し、「仁義なき戦い」シリーズ、「県警対組織暴力」、「沖縄やくざ戦争」、「柳生一族の陰謀」、「修羅の群れ」、「最後の博徒」、「首領になった男」、「流れ板七人」などヒット作を連発。名実共に日本映画界を代表するトップスターの座に君臨してきた。「江戸城大乱」では日本アカデミー賞主演男優賞に選ばれている。

またプロデューサーとしても「藏」で日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞を受賞するなど精力的に活躍中。近作にヒット作「修羅の群れ」の同名リメイク、「修羅のみち」、「獅子の血脈」、「Dジャッジ」などがある。

テレビも「人形佐七捕物帳」、「勝海舟」、「大江戸捜査網」、「チェックメイト78」、「このままじゃボクの将来知れたもの」、「名奉行遠山の金さん」、「刑事貴族」、「HOTEL」、「はだかの刑事」、「結婚しようよ」、「サラリーマン金太郎3」ほか多数の出演作がある。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でバラエティーにも活動の幅を広げ、おちゃめな一面を披露。「松方弘樹世界を釣る」での釣り師ぶりもおなじみ。