上毛電気鉄道

地理

上毛電気鉄道

じょうもうでんきてつどう

上毛電気鉄道株式会社は、群馬県前橋市に本社をおく、東武鉄道上信電鉄群馬銀行などが出資する鉄道事業者

1926年5月27日設立

赤城山の南麓を東西に貫く全長25.4kmの「上毛線」を運行している。

中央前橋西桐生の間を各駅停車のみ運行しており、距離ではJR東日本両毛線よりも短いにもかかわらず所要時間はこちらの方が長い*1

かつては西武鉄道、その後、東武鉄道より東武3000系、3050系を譲り受け使用していたが*2、サービス向上の一環として京王電鉄京王3000系を譲り受け置き換え、全車冷房化を実現している。

なお始点・終点となる中央前橋駅、西桐生駅の両駅はどちらもJR前橋駅桐生駅から離れたところにあり*3、他社線との接点は赤城駅(東武鉄道桐生線)のみとなる。

こんな列車も運転されていた

1986年10月まで、東武鉄道赤城駅を中継して、電車にて貨車を牽引し、三俣〜赤城間で貨物輸送を行っていた。
また1968年までは、浅草駅〜中央前橋駅間に週末運転の快速急行列車が運転されたこともあった。

*1:料金もJRの方が安い

*2甲種輸送費用がかからないから、ただ単に老朽化した3000系、3050系を捨てていたという気もしてならない

*3:ただし市中心部に近い