スマートフォン用の表示で見る

生麦事件

社会

生麦事件

なまむぎじけん

生麦事件は、江戸時代末期の文久2年8月21日(1862年9月14日)に、武蔵国橘樹郡生麦村(現 神奈川県横浜市鶴見区生麦)付近において、薩摩藩士がイギリス人を殺傷した事件である。京急本線生麦駅近くに事件の石碑が残っている。

江戸から京都に向かう途中であった薩摩藩島津忠義の父 島津久光の行列が生麦村に差し掛かった所、前方を横浜在住のイギリス人4人が乗馬のまま横切った。これに怒った一部藩士が斬りかかり、1人が死亡、2人が負傷した。

この事件でイギリス薩摩藩に関係者の処罰と賠償を要求するが、薩摩藩はこれを拒絶し、結果として翌年 薩英戦争が勃発する。