スマートフォン用の表示で見る

尖閣諸島

地理

尖閣諸島

せんかくしょとう

尖閣諸島

主な島と岩礁

いずれも無人島である。

領土問題

1880年代後半から1940年にかけ、琉球諸島の住民が建設した船着場や鰹節工場などがあったが、後に無人島化した。

1971年地下資源埋蔵の可能性が確認されると、領有権を巡って中華人民共和国中華民国領有権を主張し出した。日本国政府沖縄県石垣市に、台湾は宜蘭県に属すと、各々主張している。

右翼団体日本青年社が1978年に魚釣島に私設灯台を建設し、保守管理してきたが、2005年2月に日本国政府が「魚釣島灯台を正式に海図に記載し、今後は国が灯台の管理をしていきたい」との申し出て、魚釣島灯台は海上保安庁譲渡された。その他、北小島にも灯台がある。

魚釣島には尖閣神社が建立され、尖閣諸島防衛協会により日本国旗の碑が設置された。以前海上保安庁魚釣島に仮設ヘリポートを設置していたが、中華人民共和国政府の抗議により撤去した。他国の抗議により施設を撤去したことによって、日本国政府尖閣諸島領有権に争いが発生していることを認めることになった。

Wikipediaより引用)

2010年9月7日午前、中国漁船沖縄県尖閣諸島付近で操業し、その後日本の海上保安庁の巡視船に衝突した事件。海上保安庁公務執行妨害と違法操業の疑いがある中国漁船の船長を石垣島に連行・逮捕し、中国側は船長の即時返還を求めて強く抗議している。(2010年9月24日当時、後に釈放→起訴→無罪確定)