スマートフォン用の表示で見る

大谷吉継

社会

大谷吉継

おおたによしつぐ

戦国武将。1559年〜1600年

刑部少輔。越前敦賀城主。出身は近江説と豊後説がある。

秀吉に小姓として仕え、才を認められて抜擢される。賤ヶ岳・九州小田原戦役などで活躍。

秀吉をして百万の兵を与えてみたいと言わしめた軍才を持ちつつ、奉行としての手腕も持ち合わせていた。が、当時は不治の病であったハンセン病のために顔を白布で覆っており、病状の進行によって最終的には視力も失っていたため、その才を出し切れる状態ではなかった。

本来は家康の手腕を認めており、家康派と言ってよかったが、関ヶ原戦役にあたっては親友の石田三成の熱意に応じ、敗北を覚悟しつつ西軍に荷担。

関ヶ原本戦では、手勢2000を率いて小早川秀秋を警戒する布陣を行い、小早川軍の東軍荷担参戦後もこれを退けている。が、さらに脇坂隊・朽木隊などの4隊が東軍に寝返って攻撃してきたことで大谷隊は崩壊、吉継も自刃している。