鳥居元忠

(社会)
とりいもとただ

天文8年(1539年)〜慶長5年8月1日(1600年9月8日)
日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。徳川氏の家臣。父は鳥居忠吉で鳥居忠広は弟。
下総国香取郡矢作藩の藩祖で徳川氏の家臣として活躍した。また、徳川十六神将の1人でもある。しかし、関ヶ原の戦いの前哨戦の伏見城の戦いで戦死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ