スマートフォン用の表示で見る

地下鉄サリン事件

社会

地下鉄サリン事件

ちかてつさりんじけん

1995年平成7年)3月20日朝、東京都内の営団地下鉄(現・東京メトロ日比谷線千代田線および丸ノ内線の車内で、オウム真理教サリンを散布した、人類史上初めて、都市部で化学兵器が使用されたテロ事件。

乗客および駅員ら13人が死亡し、約6,300人が重軽傷を負った。

その後、警察による大規模な強制捜査により教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)および多数の信者が逮捕され、松本サリン事件および坂本弁護士一家殺害事件などの犯罪(オウム真理教事件)がオウム真理教によるものであることが発覚した。