スマートフォン用の表示で見る

池澤夏樹

読書

池澤夏樹

いけざわなつき

作家、詩人1945年北海道帯広市生まれる。父は作家の福永武彦。母は詩人の原條あき子。娘は声優池澤春菜

埼玉大学理工学部中退。

1987年、「スティル・ライフ」で中央公論新人賞受賞。翌年同作品で芥川賞を受賞。

1993年、『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞を受賞。

2003年、第七回司馬遼太郎賞を受賞。

2011年、第145回を最後に芥川賞選考委員を退任(15年間務めた)。

主な小説

  • 『真昼のプリニウス
  • バビロンに行きて歌え』
  • 『南の島のティオ』
  • 『花を運ぶ妹』
  • 『すばらしい新世界
  • 『マシアス・ギリの失脚』
  • 『静かな大地』

主な評論・エッセイ

  • 『楽しい終末』
  • 『母なる自然のおっぱい』
  • 『むくどり通信』
  • ハワイイ紀行』
  • 『新世紀へようこそ』
    • など

主な翻訳

長く沖縄在住だったが、現在はフランス在住。また長女は声優池澤春菜

公式サイト:Cafe Impala