石牟礼道子

石牟礼道子

(読書)
いしむれみちこ

作家
1927年(昭和2年)3月11日、生まれ。2018年(平成30年)2月10日、死去。
熊本県天草郡生まれ。谷川雁らの「サークル村」結成に参加。
1969年(昭和44年)、講談社から、水俣病を世に知らしめた作品『苦海浄土』(講談社文庫に収録)を処女出版。
1970年(昭和45年)第1回大宅壮一賞受賞辞退。「自主交渉」などの行動と表現で、水俣病問題に精力的に関わる。
1973年(昭和48年)、マグサイサイ賞を受賞。
1993年(平成5年)、『十六夜橋』で紫式部文学賞を受賞。
2002年(平成14年)、朝日賞受賞。
2003年(平成15年)、『はにかみの国 石牟礼道子全詩集』(石風社)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

ネットの話題: 石牟礼道子

人気

新着

新着ブログ: 石牟礼道子