スマートフォン用の表示で見る

中野昭慶

映画

中野昭慶

なかのてるよし

1935年10月9日生まれ。旧満州出身。日本大学芸術学部映画学科卒。特撮マン。

名前を音読みし「なかのしょうけい」とも呼ばれる。

1959年東宝入社。助監督部に籍を置く。1962年の『妖星ゴラス』から特撮助手として特撮スタッフに加わり初代東宝特技監督である円谷英二に師事、数々の東宝特撮映画製作に関わる。1973年の『ゴジラ対メガロ』では、円谷英二有川貞昌の後を受け三代目の東宝特技監督となった。東宝映画、引いては日本を代表する特殊撮影技術者である。


数々の特撮ネタが炸裂する『宇宙家族カールビンソン』(あさりよしとお著)においては、「爆発のショウちゃん」として登場していた。中野特技監督の映画で派手な爆発シーンがやたらと多いことを皮肉ったキャラクターである。

主な作品