スマートフォン用の表示で見る

腸内洗浄

一般

腸内洗浄

ちょうないせんじょう

腸内洗浄とは、肛門部より直接、専門器具を使って薬品などを入れ、腸内のたまった便を除去することである。

腸内洗浄は、5時間便が腸内に留まることにより発生する毒素を取り除くことが目的である。長時間にわたって腸内に便が存在することで、肌のつやが悪くなったり、荒れたりする。大腸がんは、直腸と左脇腹にある下行結腸が原因になることが多く、直腸洗浄は大腸がんの予防にもなる。また、腸内洗浄によってアレルギー皮膚炎などの症状が改善されたケースも報告されている。消化されなかった食べ物、腸内細菌の死骸、毒素などが含まれている便は、出来るだけ 速やかに排泄して腸内を綺麗に保つことが大切である。