渡り鳥

動植物

渡り鳥

わたりどり

繁殖地と越冬地が異なり、その間を行き来する鳥のこと。

日本で見られる時期によって夏鳥冬鳥旅鳥に分けられる。

本州では主にカモ類が冬鳥として飛来し、シギ・チドリ類が旅鳥として春と秋に見られる種類が多い。

このような渡り鳥を中心とする水鳥を保護するための国際的条約としてラムサール条約があげられる。

タンチョウヅル?のように渡りをする個体群が消滅しても種が存続している例もあり、なぜ渡りをするのかについては謎が多い。

渡りをしない鳥は留鳥と呼ばれるが、近年の研究では小規模な渡りをすることや、繁殖地が北のものはより南に渡る飛び石状の渡りの中間点である場合もあり、その定義はあいまいになりつつある。