スマートフォン用の表示で見る

明日香

キーワードの候補

2件

地理

明日香

あすか

概要

奈良県中部に位置する、人口6,000余の村。

飛鳥時代日本の政治・文化の中心地。現在は田園風景の中に古墳や寺院、なぞの石造物などが点在する土地。

村名

アスカの地名には元来「明日香」の文字が当てられていたが、奈良時代に地名には好字二字を用いることとされて以降、「飛鳥」の文字が用いられるようになった。これは「明日香」の枕詞が「飛ぶ鳥の」であったことに由来する。

その後この地には「飛鳥村」が存在していたが、1956年に周囲の7箇村と合併し、その際、村名を「明日香村」とした。

観光

徒歩、またはレンタサイクルで回るのが普通。

とりあえず石舞台古墳高松塚古墳は押さえておきたい。

交通

村内には近鉄吉野線が通り、飛鳥駅がある。

飛鳥観光の拠点としては近鉄橿原線南大阪線吉野線橿原神宮前駅(橿原市)も便利。

国道169号線が通っている。

一般

明日香

あすか