スマートフォン用の表示で見る

飛鳥時代

社会

飛鳥時代

あすかじだい

推古天皇が豊浦宮(とゆらのみや)に即位した6世紀の終りから,元明天皇平城京に都を遷す710年までの約100年間を指す。

「飛鳥」とは、この時代に朝廷が存在した地域の名前。現在の奈良県高市郡明日香村の一帯を指す。

飛鳥時代の政治は、【聖徳太子中大兄皇子天智天皇)⇒天武天皇】と、紆余曲折を経ながら、これまでの地方豪族の連立政権から、天皇を中心とした「親政(しんせい)」を目指した。また、飛鳥時代の後半には、「日本」という国の名前や、「天皇」という言葉が使われ始めたとされ、701年に制定された“大宝”以降、「年号」が全国民に知れ渡る形で使われ始めた。


飛鳥時代(〜710)の天皇


飛鳥時代(〜710)の年号(となりの数字は改元された年)

  • 推古(すいこ):593
  • 舒明(じょめい):629
  • 皇極(こうぎょく):642
  • 大化(たいか): 645
  • 白雉(はくち):650
  • 斉明(さいめい):655
  • 天智(てんじ):662
  • 天武(てんむ):672
  • 朱鳥(しゅちょう):686
  • 持統(じとう):687
  • 文武(もんむ):697
  • 大宝(たいほう):701
  • 慶雲(けいうん):704
  • 和銅(わどう):708