スマートフォン用の表示で見る

野球殿堂博物館

スポーツ

野球殿堂博物館

やきゅうでんどうはくぶつかん

野球殿堂博物館は、東京都文京区後楽東京ドーム内に併設されている日本唯一の野球専門博物館、もしくはそれを運営する公益財団法人の名称。

公益財団法人野球殿堂博物館は、日本における野球殿堂制度の実施機関でもある。→ 野球殿堂

博物館

野球界の発展に貢献し功労者として表彰された「野球殿堂入りの人々」の肖像レリーフを飾っている他、プロ・アマを問わず野球歴史資料から話題性の高い資料を数多く収蔵・展示。収蔵品は実物及び写真を含め約3万点、また野球その他のスポーツ関連図書を5万点所蔵している。

営業時間
3月〜9月 10:00〜18:00
10月〜2月 10:00〜17:00
※入館は閉館時間の30分前迄
休館日
月曜日(但し、祝日・東京ドーム野球開催日・春・夏休み期間中は開館)
年末年始(12月29日〜1月1日)

公益財団法人

理事長は、開館以来NPBコミッショナーが兼務している。

沿革

1959年6月12日後楽園球場横に「野球体育博物館」として開館。財団法人野球体育博物館により運営。

1988年、東京ドームの完成と同時に移転。

2013年4月1日、公益財団法人野球殿堂博物館に改組、施設名も「野球殿堂博物館」に改称。