スマートフォン用の表示で見る

六文銭

一般

六文銭

ろくもんせん

紋所のひとつ。真田家の家紋として有名。

意味するものは、三途の川の渡し賃。

現代の日本においても、亡くなった人を葬るのに六文を模った幣紙を握らせて火葬する風習がある。

真田の家紋は、物事には死を賭して挑めという家訓によるものであると言えよう。