スマートフォン用の表示で見る

家紋

社会

家紋

かもん

特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章のこと。家々で定める紋。各家の紋所。

日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。

南北朝時代頃に直垂に付けるようになったことから広く用いられるようになり、江戸時代以降デザインも多様になり現在に至る。

天皇皇室を表す家紋は十六八重表菊である。