Hatena::ブログ(Diary)

プログラミング言語を作る日記

2016-05-31

バリ島に行ってきました(その4)

発売日までにこの日記に書くべきことを書いてしまわないと告知も打てない、というわけで、前回の記事の続きです。

3/22

ニュピが空けたのでレギャン通りをうろうろと。前々日の晩のオゴオゴがいくつか道端に置いてありました。

f:id:kmaebashi:20150322100707j:image

f:id:kmaebashi:20150322100445j:image

f:id:kmaebashi:20150322100323j:image

f:id:kmaebashi:20150322095900j:image

f:id:kmaebashi:20150322095815j:image

f:id:kmaebashi:20150322095749j:image

f:id:kmaebashi:20150322094646j:image

f:id:kmaebashi:20150322094320j:image

その後、クタのビーチに足を延ばしました。

f:id:kmaebashi:20150322101644j:image

海岸に、オゴオゴが大量に置いてありました。

f:id:kmaebashi:20150322124251j:image

f:id:kmaebashi:20150322124703j:image

f:id:kmaebashi:20150322124601j:image

f:id:kmaebashi:20150322124551j:image

f:id:kmaebashi:20150322124511j:image

f:id:kmaebashi:20150322124456j:image

f:id:kmaebashi:20150322124447j:image

f:id:kmaebashi:20150322124359j:image

f:id:kmaebashi:20150322124335j:image

f:id:kmaebashi:20150322124323j:image

f:id:kmaebashi:20150322125121j:image

f:id:kmaebashi:20150322125003j:image

f:id:kmaebashi:20150322124917j:image

f:id:kmaebashi:20150322124903j:image

f:id:kmaebashi:20150322124839j:image

f:id:kmaebashi:20150322124335j:image

このあたりの写真を見ると、やっぱり材質は発泡スチロール的な何かに見えます。

f:id:kmaebashi:20150322130031j:image

f:id:kmaebashi:20150322100306j:image

その後、またレギャン通りをうろうろしつつお店に入ってビール飲んでたら大雨。でもまあ、ビール飲んでるうちに上がりました。

f:id:kmaebashi:20150322164921j:image

f:id:kmaebashi:20150322164748j:image

f:id:kmaebashi:20150322142043j:image

f:id:kmaebashi:20150322131148j:image

f:id:kmaebashi:20150322130835j:image

f:id:kmaebashi:20150322130810j:image

f:id:kmaebashi:20150322164154j:image

f:id:kmaebashi:20150322152650j:image

f:id:kmaebashi:20150322152640j:image

この日の夜がバリ島最後の夜で、翌日には飛行機乗って日本に帰るわけですが、それはまた次の記事で。

2016-05-29

バリ島に行ってきました(その3)

バリ島に行ってからかれこれ1年半経過していて、いまさら続きを書くのもどうかという状態ですが、1年半前の記事の続きです。

3/21

2015年は、3/21がニュピでした。ニュピというのはヒンドゥー教のお正月で、市民は外出禁止、熱心な教徒は食事もせず1日を静かに過ごします。外国人旅行客も、ホテルから出られません。

で、ホテルの部屋にも注意書きが配られて、外出禁止はもちろん、あまりうるさくするなとか音楽をかけるなとかできれば電気を使うなとか(ローソクは貸すから)とか、いろいろ言われたのですが、当日になってみれば、確かに外出禁止ではあるものの、清掃のサービスはやってくるし洗濯もしてくれるし、ホテル内はうろつけるし、ということで、うろうろ。

ホテルと直結している海岸です。

f:id:kmaebashi:20150321081401j:image

昼ごはんだったかな、ミーゴレン。

f:id:kmaebashi:20150321113711j:image

これにフィッシュアンドチップスを付けてビール飲んだんだっけ。

f:id:kmaebashi:20150321113706j:image

ニュピの看板。

f:id:kmaebashi:20150321121859j:image

その他、ホテル内の写真色々。

f:id:kmaebashi:20150321181204j:image

f:id:kmaebashi:20150321181014j:image

f:id:kmaebashi:20150321180832j:image

f:id:kmaebashi:20150321180826j:image

f:id:kmaebashi:20150321180813j:image

f:id:kmaebashi:20150321180613j:image

f:id:kmaebashi:20150321180402j:image

f:id:kmaebashi:20150321122012j:image

f:id:kmaebashi:20150321121956j:image

f:id:kmaebashi:20150321181942j:image

f:id:kmaebashi:20150321181821j:image

f:id:kmaebashi:20150321181804j:image

f:id:kmaebashi:20150321181350j:image

ホテル内のプールでは子どもが歓声上げてるし、スパの施設営業しているし(頼もうかと思ったら予約でいっぱいで断られた)、なんだホテル内は治外法権か、と思っていました。

レストランが18:00で閉まり、その後食事の手段がないというのは気になりましたけど。最後に食べたナシゴレン。

f:id:kmaebashi:20150321173839j:image

で、たらふく食べて部屋にいたら、19:00頃、見回りの人がやってきて、バスルーム以外の照明を消せと。夜はまじめに(?)ニュピをやるみたいです。プールも無人なのだと思います。外は真っ暗で、風の音しかしない。

2015-04-07

バリ島に行ってきました(その2)

先日の記事の続きです。

3/20

3/20のレギャン通りは、朝から閉鎖されていまして、

f:id:kmaebashi:20150320092303j:image

準備中のオゴオゴがたくさん。

f:id:kmaebashi:20150320135935j:image

f:id:kmaebashi:20150320135626j:image

f:id:kmaebashi:20150320092901j:image

f:id:kmaebashi:20150320092841j:image

f:id:kmaebashi:20150320092801j:image

f:id:kmaebashi:20150320151004j:image

f:id:kmaebashi:20150320164734j:image

f:id:kmaebashi:20150320165216j:image

材質が気になったので接写しました。3/19に案内してもらったガイドさんは、「竹で枠組み作って新聞紙貼って表面はペンキだよ」と言っていたのですが、とてもそうは見えません。発泡スチロールか何か?

f:id:kmaebashi:20150320165407j:image

オゴオゴは日本で言えば節分のようなもので、像は鬼をかたどったものです。

これに悪霊が乗り移るので、パレードが終わったら燃やしてしまう、といったようなことがWebでぐぐった範囲でもあちこちに書かれていますが、まともに燃える気がしません。燃やしたら黒い煙が出そうです。

というか、夜になってわかったのですが、オゴオゴには電飾も装備されており、発電機まで入っています(ブババババと音がしていました)。燃やせるようなものには見えません。

昼ごはんは近所のワルン*1で。

f:id:kmaebashi:20150320112040j:image

f:id:kmaebashi:20150320110342j:image

で、パレードが何時から始まるのか、前日のガイドさんは「15:00頃じゃない?」と言っていたのでとりあえずそのちょっと前からレギャン通りの外が見えるカフェでビール飲みながら待ってたんですが、

f:id:kmaebashi:20150320144552j:image

f:id:kmaebashi:20150320141226j:image

その店の店員さんに聞いてみたら、19:00からとのこと。それならいくらなんでも時間がありすぎなので、いったんホテルに戻って、念のためフロントでも聞いてみたら17:00からと言われ、またレギャン通りに行って今度はそこのコンビニの店員さんに聞いてみたらやっぱり19:00からと言われて。

で、結局始まったのは19:00すぎでした。暗かったのと私の腕が悪いとで、あまりよい写真はないのですが。

f:id:kmaebashi:20150320192325j:image

オゴオゴが電線にひっかかったので、それ用の棒を使って電線をどかしている図。

f:id:kmaebashi:20150320193449j:image

f:id:kmaebashi:20150320201735j:image

f:id:kmaebashi:20150320195058j:image

最終的に、広めの交差点でオゴオゴが集結して、何かこう、アピール(?)か対決(?)的なことをしていたようなのですが、何しろ言葉がわからないのと、よく見えないこともあって、途中でホテルに撤収しました。途中、いつものバーは開いているかな、と覗いてみたのですが、いつもより早く閉まっていました。日本で言えば大晦日ですからねえ。

続きはまた後日。

*1:地元の人が使っているような小さな食堂

2015-03-30

バリ島に行ってきました(その1)

先日、休暇を取りまして、インドネシアのバリ島に行ってきました。

出発前に、ガイドブックを買いに行って、うっかり間違ってパリのガイドブックを買ってきてしまったのは内緒だ。

3/17

初日はほぼ移動でつぶれましたね。

セントレアから出発。出発時、日焼け止めとドライバーが検査に引っかかりました。日焼け止め(液体だからひっかかる)を手荷物に入れてしまったのは私のうっかりですし、ドライバーについては、自転車のバックミラーの増し締め用にリュックに入れっぱなしになっていたのをすっかり忘れていました…… セントレアで別の箱に詰めてもらい、バリでコンベアーに流れてくる、はずだったのですが、待てど暮らせど流れてこないので諦めました。その結果、初日は日焼け止めなしで行動することになり、かなり日焼けしてしまいました……

f:id:kmaebashi:20150317082828j:image

機内食(昼食)。まあ、エコノミーじゃこんなもんだ。

f:id:kmaebashi:20150317122157j:image

シンガポールで乗り換え。この時、時差(1時間)ぶん私の腕時計はずれていたわけですが、そしてそれを考慮してまだ時間があるなと待っていたわけですが、ふと腕時計を見て、うわもう出発直前じゃんでもなぜかゲート閉まってる! と焦ったのも内緒だ。

機内食(夕食)。ブレているのは飛行機が揺れていたからです。ときどき気流の悪いところを飛んで揺れるのはしょうがないですが、食事中に揺れるとあまり嬉しくないですな。

f:id:kmaebashi:20150317185237j:image

ホテル着ー。

f:id:kmaebashi:20150317221610j:image

初日は、ホテルのプールサイドのバーでビール飲んで終了。

3/18

ホテルのフロントの建物。昼間見るとこう見えます。

f:id:kmaebashi:20150318091223j:image

こういうところで朝ごはん。ビュッフェ形式。

f:id:kmaebashi:20150318071859j:image

こんな感じで。

f:id:kmaebashi:20150318072934j:image

ホテル内にそれなりのプールがあります。

f:id:kmaebashi:20150318071831j:image

ホテルのすぐ裏がビーチで、水着のまま行けるのですが、波が強くて泳ぐというよりサーファー御用達の浜らしい。ホテルの客はたいていプールで泳いでました。

f:id:kmaebashi:20150318094953j:image

この日は、レギャン通りをぶらぶらと。レギャン通りというのは、「レストランや土産物店、ホテルが密集する観光客で賑わう一大繁華街」(Wikipediaより)です。まあなんだ。観光客がぶらぶらしてるとあれ買えこれ買えとうるさいのなんの。

f:id:kmaebashi:20150318105134j:image

サークルKがいっぱい。本当にいたるところにありました。

f:id:kmaebashi:20150318105326j:image

とにかく暑くて喉がかわくので、ビールと一緒にフィッシュアンドチップスとか食べたり。このバーは、このあと滞在中ほぼ毎日通ってました。

f:id:kmaebashi:20150318101724j:image

こんな交通量でも信号はなし。それにしてもバイク多い。

バリ島には鉄道もなく、バスの類もあまりない(あっても定刻に来ない)ので、まずはバイクがないと生活できないとのこと。

f:id:kmaebashi:20150318110725j:image

こういうお供え(チャナンというそうです)が道端の至る所にありました。うっかり踏んでしまいそう(いやさ、杖をついた目が悪そうな白人のおっさんが、大量のお供えのあるところを通りがかった時には思わず声かけた)。

f:id:kmaebashi:20150318105115j:image

ベモ・コーナーという交差点ですが、こういったお地蔵さんのような宗教施設は本当にいたるところにあります。

f:id:kmaebashi:20150318114606j:image

ミーバッソ(とビール)

f:id:kmaebashi:20150318135826j:image

少し歩いて、クタのビーチ。

f:id:kmaebashi:20150318120050j:image

「ウミガメを守れ!」という看板が。

f:id:kmaebashi:20150318120304j:image

f:id:kmaebashi:20150318120255j:image

3/19

3/19は、ひまわりバリツアーというところで、日本語が堪能なガイドさんをクルマと運転込みで1日お願いし、ウブド方面を回ってきました。

ゴアガジャ遺跡

f:id:kmaebashi:20150319105350j:image

f:id:kmaebashi:20150319104711j:image

f:id:kmaebashi:20150319104428j:image

f:id:kmaebashi:20150319104355j:image

テガラランのライステラス(棚田)を見ながらランチ。

f:id:kmaebashi:20150319120833j:image

サテ・アラム(焼き鳥)とナシゴレン。

f:id:kmaebashi:20150319125229j:image

デザートはピサンゴレン。バナナを揚げたものですが、日本のバナナより小さく、酸味があります。

f:id:kmaebashi:20150319122447j:image

その後、ウブドの町中をうろうろと。

f:id:kmaebashi:20150319151611j:image

f:id:kmaebashi:20150319151051j:image

f:id:kmaebashi:20150319150706j:image

EDAMAMEつまみながらビール飲んだり。

f:id:kmaebashi:20150319161010j:image

ばんごはん。イブオカというお店のバビグリン(豚の丸焼き(の切れ端)をのっけたごはん)。ウブドではかなり有名なお店のようです。

f:id:kmaebashi:20150319165236j:image

その後、サレン・アグン宮殿でバリ舞踊。

f:id:kmaebashi:20150319194407j:image

f:id:kmaebashi:20150319194730j:image

f:id:kmaebashi:20150319195929j:image

f:id:kmaebashi:20150319204008j:image

ところで、3/21*1ヒンズー教のお正月(ニュピ)で、その前日は、オゴオゴというお神輿的なものが通りを練り歩きます。この造詣がすごい。3/19のウブドで見かけた準備中のオゴオゴがこちら。

f:id:kmaebashi:20150319155558j:image

オゴオゴの写真はたくさん撮ったのですが、続きはまた今度。

*1太陰暦で閏月的な調整もないので日付は毎年変わります。

2015-02-02

「本当の基礎からのWebアプリケーション入門――Webサーバを作ってみよう」いちおう完結しました。

正月休み明けの話を今頃はてなダイアリーに書くのも何ですが、開始時にここで紹介しましたので終了についても書きます。

本当の基礎からのWebアプリケーション入門――Webサーバを作ってみよう

http://kmaebashi.com/programmer/webserver/index.html

1年半ほどかかりましたが、一応完結いたしました。1年半のうち1年ほどは放置状態でしたけれども。

上記のリンクを見ていただければわかるように、この記事は、以下のような構成になっています。

最初は簡易的なWebサーバを作っていますが、最終的にはへなちょこサーブレットコンテナHenacat(Tomcatへなちょこ版、という意味で命名しています)を作成し、Cookieとセッションにも対応しています。

とはいえ、ここまで書いても、プログラムソースは1000行にもなりません(特に圧縮した書き方をしているわけでもありません。まあ、コメントはほとんど入れていませんが)。

今どきサーブレットでガリガリコードを書いている人がいるとも思えませんが、どのような言語やフレームワークを使うにせよ、Webアプリケーションを作るなら、ここで挙げたような知識は必須です。そして、何かを理解するときに極めて有効な手段は、実際にそれを作ってみることです(私自身、たいへん勉強になりました)。

「本当の基礎から」Webアプリケーションを理解するには役に立つ記事になっているという自負はあります。よければ読んでやってください。

また、記事中の間違いやミス(特にセキュリティに関するもの)がありましたらご指摘いただけると幸いです。