Hatena::ブログ(Diary)

ありのままに生きる Twitter

2017-11-25 平地だけー

lupoGTI2017-11-25

中野⇔戸倉 (100km)









 良い天気になった。11月にしては寒い日が続き、モチベーション低下中だけど、家にいてもやることがないのでロードで走りに行った。


 8時半にGIOS号で家を出て篠ノ井へ向かう。日差しはあるものの、寒い。

 篠ノ井橋に着いた頃には体が温まってきて、千曲川CRで須坂方面へ向かった。

f:id:lupoGTI:20171125140741j:image

f:id:lupoGTI:20171125140732j:image


 屋島橋からさらに北へ向かい立ヶ花橋で折り返した。

f:id:lupoGTI:20171125140722j:image


 走り始めは寒かったけれど、一度体が温まってしまえば冷たい風も心地よく感じる。

 飯綱もだいぶ白くなったな。

f:id:lupoGTI:20171125141151j:image

f:id:lupoGTI:20171125141141j:image


 久々のロードでも結構調子良いなあと思って走っていたものの、篠ノ井橋まで戻ってきたころにはだるくなってきた。上田まで行くのはやめて、戸倉の大正橋まで走って折り返した。

 自宅には12時半過ぎについて、走行距離は103km、所要時間は4時間だった。まだ脚の状態は完全ではないけれど、天気に恵まれて走ることができて良かった。

 

↓Relive

https://www.relive.cc/view/1289276497


(走行時間: 3:44, 走行距離:103km, 平均速度:27.5km/h,

最高速度:37km/h, 平均ケイデンス:74, 平均心拍:123, 消費カロリー: 1000cal,

獲得標高:360m, 17年1月からの累積距離:6212km )


2017年1月からの累積距離(km)

17年1月からの自転車累積距離 km

mouzezemouzeze 2017/11/25 19:49 朝は寒かったですが、お昼ごろは過ごしやすい気温にあがりましたね。
午後1時間半ばかり、小田切のお山をマウンテンバイクで遊んできました。
腰に少し痛みがあったので、のんびりペースでしたが、いい気分転換になりました。
地元の方々総出で、落ち葉そうじをしておりました。
裸木になってきましたね。少し寂しいです。

2017-11-24 LUTHER VANDROSS

lupoGTI2017-11-24

LUTHER VANDROSS 「DANCE WITH MY FATHER」









 今日は寒かった。明日の朝にかけて雪になりそうだ。

 魅惑のベルベットボイス、ルーサー・バンドロスのアルバムを貼っておきます。

DANCE WITH MY FATHER

DANCE WITH MY FATHER

D

2017-11-23 リハビリ walk and jog

lupoGTI2017-11-23

犀川河川敷 (9km)









 午前中は読書して、午後になって日差しが出たので犀川の河川敷まで歩いて、少しだけ走った。渋峠ジョグから3週間近く経つけれど、まだ脚が完治しないのでほどほどにした。

<Relive>

https://www.relive.cc/view/1286811056

f:id:lupoGTI:20171123181105j:image

f:id:lupoGTI:20171123181057j:image

f:id:lupoGTI:20171123181045j:image

宇宙のデザイン原理

第3章 鏡の向こう側 メモ

アリスとナルシス

・自然が左と右の違いを気にかけていなければ、物理学者たちはそれを、この世界はパリティ不変性をもつ、または空間反転不変性をもつという。

パリティ不変性の操作的定義>

 いま起こっている現象の正面に一枚の鏡を置き、鏡の中にわれわれが見る当の課程は、われわれが知っているこの自然の法則と矛盾するか問う。

もし矛盾していなければ、われわれはこの過程を支配する法則はパリティ不変性をもつという。(左右対称性ではない)


物理学パリティ不変性をもつということは、鏡の中の世界がわれわれの世界と同じということではない。

・ある種の有機分子について、それがある方向に巻くか逆に巻くかは基本的に重要な意味を持たない。


○ある種の確信の動揺

・この自然はその法則の多くにおいてパリティを尊重するが、粒子間の「弱い相互作用」により支配されている法則においては、その限りではない。

・自然は選択的にパリティを破っている。


○鏡の世界はわれわれの世界と同じか?

原子核原子の内部で永久に自転し続ける。

 原子核は陽子と中性子が集まってくっついた集合体。

 放射性原子核は、ある決まった時間内にある確率で崩壊する。

 崩壊に関わる弱い力は単位時間当たりの確率が非常に小さい。

 崩壊しつつある原子核は、1個の電子ともう一つのニュートリノという別の粒子を放出する。

・自転する原子核により一つの方向が定められ、放出される電子がこの方向に飛び出すのか、それとも逆方向へなのかを問うことができる。


○貴婦人と神の左手

・弱い力に支配されているいくつかの崩壊において、電子はある方向を他の方向より好んで出現している。

パリティの破れ


○つむじ曲がりと幽霊と

ニュートリノ

・弱い力を通してしか相互作用しない

・電子や核と出会ったとき相互作用する確率は非常に小さい

ニュートリノは幽霊のように、この地球をいっさいの相互作用なしにすっと通り抜けることができる。

ニュートリノは質量を持たない

ニュートリノはつねにスピンをもっている


・質量をもたないニュートリノは、つねに光速、可能な限りの最大速度で運動する。

 質量をもたない粒子よりも速い速度で運動する観測者がありえないため、質量をもたない粒子の場合、ある粒子の利き手性はその粒子に固有の性質になる。

ニュートリノは常に左利きで進む。


○反ー鏡の中へ

・粒子と反粒子がぶつかると対消滅し、同時に莫大なエネルギーを放出し、それがまた別の型の粒子になる。

・粒子とその反粒子は正確に同じ質量をもつが、電荷は逆


パイ中間子は、ときに陽電子ニュートリノへ崩壊する。

 その反粒子である負の電荷をもつパイ中間子は、崩壊して電子とあるとらえどころのない粒子とになる。この粒子を反ニュートリノとしている。

・物理法則が反物質よりも物質のほうを尊重することはない。

・荷電共役:ある物理過程に関係するすべての粒子を、対応する反粒子で置きかえる

・荷電共役変換により、二つの陽子間の衝突は二つの反陽子間の衝突になる。

・荷電共役が粒子の運動やスピンの状態を変えることはない

 左効きの粒子は、左利き反粒子に置き換わる。

・荷電共役過程がもとの過程と同じ確率で生じるならば、それを支配している物理法則は、荷電共役不変である。

 →自然がその法則の中で、とくに反物質よりも物質を好んでいるわけではない


・反ニュートリノは右利きであり、弱い相互作用は、荷電共役不変性も破っている。


・この問題は純理論的に解決可能なものだった。

・よい理論は自らに固有の命をもち、それは見えない内的な論理に支配されている。

・無数の数学的な連関の中にあって、つねに存在しつづけているものとしての理論を、人間が発見したにすぎない。


○思わせぶりなひねくれ者

・右と左を反転するだけでなく、それと同時に、粒子を反粒子に変えてしまう鏡を作れたら、その鏡の中の世界はわれわれの世界と同じ物理法則により支配されているかもしれない。

→この自然は荷電共役(C)もパリティ(P)も破っているが、これらの結合であるCP変換の下では不変かもしれない。


→自然はCP変換も破っている

<K中間子の崩壊>

・CP不変性が成立していれば、K中間子は二つのパイ中間子へと崩壊する。

・何千回かに一度、K中間子が三つのパイ中間子に崩壊する。

・CPの破れは、K中間子の崩壊以外では見られない。


・明らかに物理法則はあるレベルで、反物質よりも物質を偏愛しなければならない。

ファインマン物理学検‥甜波と物性

第11章 密な物質の屈折率 メモ

11-1 物質の分極

・光波の電場は気体分子を分極させ、振動する双極子モーメントを生じる。

 振動電荷加速度は場に新しい波を輻射する。

 新しい場は元の場と干渉し、場を変化させ、その結果は元の波の位相を変化させた

 のと同じことになる。

 位相変化は物質の厚さに比例するので効果は物質内で位相速度が異なることと同等。


・単位体積内にN個の粒子があり、各粒子は調和振動子として振る舞うとする。

 電子が変位に比例する力により束縛されていると考える。

 運動方程式

   F=qE=m(x''+γx'+ω0^2x)     (11.1)


 ここでxはE~の方向に平行な変位。


   E=E0e^jωt        (11.2)


   x=x0e-jt


x'=iωx、x''=−ω^2xとおいて代入してxについて解く。

   x=(qe/m)E/(−ω^2+iγω+ω0^2)    (11.3)


 変位が分かれば加速度x''が求められ、屈折率を生じる輻射波を知ることが可能。


原子の双極子モーメントpはqexであり、式(11.3)を用いて次式となる。

   p~=(qe^2/m)E~/(−ω^2+iγω+ω0^2)    (11.4)


 p~はE~に比例するので

   p~=ε0α(ω)E~      (11.5)


 と書くとαは原子の分極率。

   α=(qe^2/mε0)/(−ω^2+iγω+ω0^2)      (11.6)


・各モードに対する三つのパラメータω、γ、fをそれぞれωk、γk、fkで表し、

種々のモードについて和をとると式(11.6)は次式となる。

   α(ω)=(qe^2/ε0m)Σ(k)fk/(−ω^2+iγkω+ω0k^2) (11.7)


 物質の単位体積中の原子数をNとすれば分極PはNp=ε0NαEであり、Eに比例。

   P~=ε0Nα(ω)E~      (11.8)


・物質に正弦的な電場が作用するとき、単位体積あたりに誘起される双極子モーメント

電場に比例する。

 比例定数αは振動数に関係し、高振動数ではαは小さく、応答は小さい

 低振動数では強い応答がある。

 比例定数は複素数で、分極が電場に完全について行かず、位相のずれがあることを示す

 電場の強さに比例して単位体積の分極が生じる。


11-3 誘電体内の波

原子に束縛された電荷以外に余分な電荷がない場合の誘電体の物質内にどのような

電磁はが存在するかを考える。

 ρ=−∇・P~、j~=∂P/∂tであり、マクスウェル方程式

 (a)∇・E~=−∇・P~/ε0  (b)c^2∇×B~=∂/∂t(P~/ε0+E~)

 (c)∇×E~=−∂B~/∂t  (d)∇・B~=0             (11.19)


∇^2E~−(1/c^2)∂^2E~/∂t^2=−(1/ε0)∇(∇・P~)

                  +(1/ε0c^2)∂^2P^/∂t^2 (11.20)


 E~のダランベリアンが分極P~を含む2項と相等しい。


・屈折率n

   n^2=1+(Nqe^2/mε0)(1/(−ω^2+iγω+ω0^2)) (11.27)

mouzezemouzeze 2017/11/24 21:28 足のほう回復してきて良かったですね。
私は午後ちょこっと買い物に出ただけで、全然運動しませんでした。
花火をみて、早々寝ました。

lupoGTIlupoGTI 2017/11/25 07:10 mouzezeさん
おかげさまで、だいぶ回復してきました。
急激に寒くなり、外へ出るのがだんだん億劫になってきますね。

2017-11-22 LOLEATTA HOLLOWAY

lupoGTI2017-11-22

LOLEATTA HOLLOWAY「The Best OF LOLEATTA HOLLOWAY」









 朝は冷えたけれど、会社帰りは多少暖かかった。明日の午前中は崩れそうだけど、冷え込みは緩みそうだ。

 他にネタがないのでロレッタ・ハロウェイのベストを貼っておきます(ついでにダンス☆マンバージョンも...)。

D

D

2017-11-21 Lionel Richie

lupoGTI2017-11-21

Lionel Richie「The Best Collection」









 昨晩の雨は雪になったようで、裏山も少し白くなっていた。行きも帰りも寒くて、まだ11月中旬を過ぎたところなのに、もう冬本番だすな。

 他にネタがないのでライオネル・リッチーのベストを貼っておきます。

D