須雅屋の古本暗黒世界 このページをアンテナに追加 RSSフィード

札幌の古書須雅屋と申します。これは最底辺に淀んでいる或る古本屋が浮遊しつつ流されてゆくモノトーンな日々の記録でございます。

2025-01-01 ご案内

◎当分の間、日記を書く時間と気持ちの余裕が生まれそうに(生み出せそうに)ありません。

まあ、単なる怠け者なのでしょうけど。

代りと申しましてはなんですが、恥ずかしながら、以前書いた詩のごときものや散文、それにたまには新作などもUPしてゆこうかと考えております。

あんな奴もいたよなと思いだされることがりましたら、時々はこの場所を覗いて頂ければ嬉しく存じます(2018.5.2)

=====================================

◎『北方ジャーナル』2018年7月号発売中。

hoppojournal.sapolog.com/e470506.html

〇スガの連載「よいどれブンガク夜話」第104夜は

平石貴樹『スノーバウンド@札幌連続殺人』1――「時間も過去の記憶も忘れてしまいそうな雪の中で」です。

挿絵は笹木桃氏。雑誌表紙絵は鈴木翁二氏。

〇蘇我すが子さんの連載エッセイ「古本屋女房の“古本的日常”」第54回は「 本棚に捧げたある日の記録」であります。

部屋の出入り口を塞ぐ傾いた本棚を夫が直している間、やむなく外出を余儀なくされた古本屋女房はスーパー、コンビニ、新古書店とさ迷い歩くが……

『北方ジャーナル』はセイコーマートにも置かれています。Amazonでも購入できます。

hoppojournal.sapolog.com/e470506.html

=====================================

◎月刊誌『O.tone』vol.112号(あるた出版)の特集は「聖地、焼鳥屋。」。

スガもエッセイ「ある焼鳥屋のこと」を書きました。お読み頂ければ嬉しく存じます。Amazonでも購入可。

www.alter.co.jp/

www.alter.co.jp/otone.html

=====================================

吉田類責任編集『旅人類』vol.3「函館・青森あたり」が2017年3月25日に発売されました。

スガも『太宰治「津軽」を旅して』を書いております。

あるた出版発行、オールカラー、144頁。価格は本体800円+税。

http://sakeo.shopdb.jp/2017/04/vol3.html

http://www.alter.co.jp/blog/info/205.html 

=====================================

◎二冊目の本が2015年4月15日に出ました。 

☆「さまよえる古本屋 ― もしくは古本屋症候群」

 というタイトルです。

 版元は大阪の燃焼社さん。281頁。

 定価は1800円(税込み/1944円)です。


http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-88978-112-0.html

(下の方にスクロールすると、「目次」や「あとがき」の半分ほどがご覧になれます)

○amazonでも販売中でございます。

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4889781129/hnzk-22

○日記、エッセイ、小説に、漫画まで入っているという、盛り沢山の中身です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(☆弊店でも句入りサイン本を販売中。

 先払いになりますが、お申し込みは古書すがや=須雅屋へ)

sugayaster@gmail.com   古書すがや(須雅屋)

さまよえる古本屋: もしくは古本屋症候群

さまよえる古本屋: もしくは古本屋症候群

☆下記、札幌市内の古本屋さんにても販売されております。サイン本です。

 アダノンキさん(南1西6 第2三谷ビル2F)

 弘南堂さん  (北12西4)

 南陽堂さん  (北8西5)

 じゃんくまうす(ネット販売のみ info@junkmouse.net)

 *すでに品切れの場合もありますので、

  もしもお目当で行かれる場合は

 (極稀なケースとは存じますが)

  事前に各店に在庫をお確かめ下さいませ。

=====================================

☆こちらが初めての本です。

 論創社さんから2012年12月30日に発行されました。

『貧乏暇あり 札幌古本屋日記』

335頁。定価1800円(税込み/1944円)。

☆弊店では現在、在庫切れですが、amazonほかでご注文頂けます。

  http://www.amazon.co.jp/dp/4846012050/    

貧乏暇あり―札幌古本屋日記

貧乏暇あり―札幌古本屋日記

f:id:nekomatagi:20130526181923j:image

(作画:笹木桃)                    

======================================   

◎友人の店のサイトに寄せた雑文です。

池波正太郎エッセイに触れてみました。

http://www.halfsugar.biz/category/essay/

======================================

◎SUGA'S WORKS (作品など)

http://tb.antiscroll.com/profile/s3515

◎「季刊びーぐる 詩の海へ」21号の特集頁に寄稿させて戴きました「吊るされる男の始末について」をUP致しました。

(2014.4.9)

http://tb.antiscroll.com/novel/16905

======================================

2018-06-17 お子様よ! (詩)

  お子様よ!             須賀章雅


お子様よ!

キミは毎日ステキに元気いっぱい

キミのエナジーはますます宇宙を膨張させている

手にとるようにわかる健やかなキミの成長

お日様の降り注ぐ部屋で駆回るキミに注がれるママの慈愛の眼差し

それはまったく祝福すべき黄金の幼年時代

だがキミの優雅な日常がボクには悩ましい

お子様よ!キミは真上二階のお子様でボクは真下一階のオジサンだ

キミのギャロップはドラム・ソロ

キミのジャンプは頭の上で破裂の爆弾

弟とそれに時々ママも交えてキミたちったら、部屋の中

毎日トランポリン、来る日もサーカス

年中サッカー、いつも無邪気な運動会

おお、お子様よ!お子様の母上よ!

ボクの頭脳はヒート・アイランド、臨界、爆発寸前

お子様よ!キミはボクから静謐な日々を奪う

お子様よ!キミはボクから閑雅な生活を取り上げる

廊下ですれ違うママと一緒のキミはとても可愛いお坊ちゃん

お子様よ!二階の天使で王子で至宝のキミは

一階この部屋では悪魔で魔王でタイラント

ボクの頭脳をブンブンさせる電気ドリル

ハリケーン叩き続けるキミのティンパニー、バスドラム

オジサンのココロは炸裂して飛んで行っちゃうぞ

けれど家賃滞納中の失業者にはオオヤさんも味方せぬ

だからオジサンは天井に向かってそおっと叫ぶ

シズカニシヤガレ!コノガキ!

キミの人生は今始まったばかり

さあ、お子様よ!ひろびろとした地球の広場で遊べ!

そして無産のオジサンにも安眠を与える大きな人間になってくれたまえ

でも怪しいオジサンがうろついているからかな

この世紀

公園にはもう誰もいない









 https://tb.antiscroll.com/novels/s3515/14987

 *『季刊抒情文芸』2006年投稿欄掲載。

2018-06-10 豊平川の岸部で(詩)

   豊平川の岸部で               須賀章雅


選ばれてあることの不安ばかりが我にあり。

我はこのサッポロの地を流れる川のほとりに芝生を貼らんとする。

水と草と土の匂いの混じり合う岸部に

豊平川に選ばれて、わたしは今日、在るのだ。


八月の終りの日差しの中

サイクリングロードに沿って

ロールケーキ状に丸められた芝生を延ばしては貼ってゆく。

ロールはホコリたっぷり、裏には泥もびっしり、芝生とは名ばかりの雑草だ。


選ばれて在るのはわたしばかりではない。

人足派遣会社から造園業者に遣わされた仲間二人も一緒だ。

一人は目があちらこちらに泳ぐ三十前後の失業男。

一人は元ヤクザ屋さんでトビやテキ屋の経験もある若者。

それに造園業者のアルバイト老人二人。


地面には活発なるアリたち

空中にはトンボやチョウチョやアブやらが盛んに飛び廻る河川敷

見物のヒヤカシカラスどもが喧しく騒ぎ立て

小樽か石狩から移住してきたのかカモメまで飛んで

ひゃあ、と選ばれしわたしを驚かす。


ロールから這い出た幼虫目当てに名も知らぬ水鳥が二羽、三羽

地面に降りてスキップしながら獲物を突ついている。

見上げれば空にも鳥が旋回する、羽広げてゆるやかに

あれはノスリかトンビの類いだろう。

皆が皆、それぞれがそれぞれの位置を定め、オノレをただまっとうしている。


光る川面の向こう岸に展開する街街。

セピアのゆらめく蜃気楼みたいに煙る

マンションやラブホテルの群、そしてタワー。

ほんの百数十年前、風景は見渡す限りの原野だった、その土地に

人が足を踏み入れたはるか昔の太古から

(そのはじまりの水はいつから?)

さーーーーー、と流れてきた豊平川の水の音が聞こえている。


ベテランの老人タッグは着々と芝生を貼り続け

元ヤクザ屋さんは器用に素早くロールを貼りまくり

初めての仕事で馴れない目泳ぎ男とわたしは悪戦苦闘

腰への負担に悲鳴を上げ始める。


周りが半袖の汗まみれの中、きっちりと長袖の元ヤクザ屋さんは

以前始めた商売で被った借財ン千万を数年間で完済したという。

気合いっすよ!気合い!とまだ若い元ヤクザ屋さんは吼える。

目泳ぎ男はすっかり彼をリスペクトしたようだ。

気合いっすよ!気合い!

そうだ、とわたしも思いたい。


河原の草をそよがす微風の中

昨日まで数々の敗北を生きてきたわたしは豊平川に選ばれて

今日はひたすら裸に剥かれた地面に芝生を貼ってゆく。

だんだんにペースも上がり単純作業の汗も快調だ。


不意にこの豊平川に明治の昔、詩人岩野泡鳴君が投身したのを思い出す。

冬の川に女と身を投げ、心中を図ったのだ。

だが泡鳴君はしくじった、やり損なった、ドジだった。

積もり積もった雪の上に落下して心中失敗、死に損なったのだ。


放浪も耽溺もせず

そして川にも、まして女にも溺れず

生き延びてわたしは今日、豊平川の河辺に芝生を貼っている。

この名も知らぬ雑草を根付かせ、蔓延させるのが今日のわたしの仕事なのだ。


明日もこの、現場に廻されるかどうかは分からない。

明日もこの、仲間たちに会えるかどうかは分からない。

今日はただ、わたしを選んで芝生を貼らしめたこの川が好きだ。

豊平川が好きだ。


悪路を巡り続けるペーパードライバーのわたしであるが、飲酒運転の末

警官をボコボコにしてしまった元ヤクザ屋さんは現在無免許だという。そして

気合いっすよ!気合い!の声が響く夕暮れ近い大気の中

さーーーーー、と流れる豊平川の水の音が動いている。














 https://tb.antiscroll.com/novels/s3515/11402

 *『季刊びーぐる』5号(2009年)投稿欄掲載。

実は泡鳴の心中未遂は小説の中のみのフィクションであるのをつい最近、大久保典夫氏の著書で知ったのだが、自分はこの作品の創作時はそう信じこんでいたのであったから、それはそれで仕方なく、そのままにしておくしかないだろうと思うのである。

2018-06-09 夏の嵐 (詩)

  夏の嵐               須賀章雅


夏の嵐が近づきつつある深夜

つかのまの眠りからも見放され

ウィスキーに水を注いでかき混ぜる

それで不安が薄くなるかのように


テレビの台風情報を眺めながら

おい、十年に一度の大物だってさ

熟睡していたインコを起こして籠から出す

こいつも水割りをちびちびやるのが好きなのだ


この地方にはめったに通らぬ台風で呼び覚まされた

わたしの知っている夜のひとつひとつを

老いた小鳥を相手に数えている

彼の迷惑もおかまいなしに


故郷の家で何かの遠吠えを聞いた気がした嵐の夜

東京で友だちと馬鹿げて清潔な大騒ぎをした嵐の夜 

(破産したと聞いた彼からは音信が途絶えたままだ)

諍いのあと二人黙りこんだまま漂っていた嵐の夜


それら過ぎ去った夜の嵐にゆられながら

老いた小鳥を相手に飲んでいる

グラスに酒と記憶を注ぎ足しては

水泡を浮かび上がらせている


ぽつり、ぽつり、と雨が屋根に落ちてきた

いよいよ大嵐の気配が近づいて来たね

予報では上陸は正午過ぎだって云うけれど

グラスにはもうさざ波が立っているよ


だんだんに風も騒いできた

おい、そこの歌いやまない酔っぱらいのインコよ!

もうしたたかにお前も飲んだだろ、だからねえ

もうそろそろねぐらへ戻ってくれないか


でないとわたしはいつまでも

わたしの眠りへ帰れない

でないとわたしは声あげて、窓の外

嵐の中へ出て行きたくなるから














 https://tb.antiscroll.com/novels/s3515/11386

 *たしか2004年頃作でたしか『抒情文芸』投降欄掲載。

2018-06-08 夏は地下鉄に乗って (詩)

 夏は地下鉄に乗って             須賀章雅


脚をひろげて

少女が座っている

澄川の午後の光の中

脚をおおきく開いて

白いソックスをはいた

少女たちが座っている


手に手に

ケータイとコーラを

ミラーとブラシを持った

セーラー服姿の少女たちが

喋りながら

笑いながら

歌いながら

胯間を見せて座っている


移動する

青空

積乱雲

マンションビルの群れ

をバックに

少女たちが澄川から南平岸

いま大開脚で夏を横断してゆく


四股を踏むような姿で座っている少女たちの向いで

履歴書片手にわたしは〈かまわぬ〉いう屋号について考察している

いったい何がかまわぬというのか?


南平岸から平岸へ

地上からアンダーグラウンドへ

君たちの背景は

青空から疾走する闇へ


ほら、地下鉄の中、いま

首切りのジェットが飛んで行く


開いた窓からの、風がさらさら

スカートの中、ここちよさそう

そんなふうに無邪気に

大胯びらきで毎日やっていけたなら

どんなに風とおしがいいことだろう

って思うのは想像力の貧困かい?


でも、君たちはまだ知らないだろうけれど

やがて火刑の夏

そうさ、眼の眩む夏の綱渡りには

きわどい技術と忍耐が必要らしいのさ


幌平橋から中島公園

ドスコイ、ドスコイ、と君たちは四股を踏むが如くに準備体操

化粧も入念に

地下鉄は君たちの支度部屋


「まもなくススキノぉ、降り口は左側です」

ドアが開くや、どっと繰り出して行く君たちの今日のコースは

狸小路か大通公園?ゲーセン、ドンキに4プラ、マックにそれともブックオフ?

一方(君たちには関わりのないことだがね)

居酒屋〈かまわぬ〉ではわたしに皿洗いの仕事を与えないだろう

面接で名前の由来について質問できないわたしに謎は永遠に残されるだろう

いったい何がかまわぬというのか?


さて、今年の夏と

どう折り合いをつけようか

いずれ君たちにも訪れる

火刑の夏


ほら、地下鉄の中、また

首切りのジェットが飛んで行く









  

 https://tb.antiscroll.com/novels/s3515/11401

 *2009年『びーぐる』4号投降欄掲載