Hatena::ブログ(Diary)

バンギの飼い猫レパルダス

2017-05-22

イーブイバトン

前回の分身バトンを作り上げる過程で生まれた構築。
決まればほぼ勝てるので、特化すれば強いと思いオフでも使ったが運勝ち要素が無いので解散
そもそもイーブイ種族値が低すぎて1回の運の悪さをカバーしきれない。

f:id:nyaooshi:20140217140231p:imagef:id:nyaooshi:20170522232000p:imagef:id:nyaooshi:20170507004933p:imagef:id:nyaooshi:20170507004934p:imagef:id:nyaooshi:20170507005014p:imagef:id:nyaooshi:20170522231959p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
エルフーン悪戯臆病気合いの襷追い風光の壁挑発置き土産
イーブイ危険予知臆病イーブイZアシストパワーとっておき身代わりバトンタッチ
エーフィマジックミラー臆病カシブの実アシストパワーマジカルシャインリフレクター朝の陽ざし
ピクシーマジックガード控えめ命の珠アシストパワームーンフォース火炎放射月の光
霊獣ボルトロス蓄電臆病電気玉エレキネットヘドロウェーブ投げつける挑発
ヨノワールお見通し図太いメンタルハーブスキルスワップトリックルーム挑発置き土産

エルフーン 139-x-134-x-95-184
挑発コケコに上から挑発を入れたいので悪戯心。


イーブイ 161-x-75-77-86-101
154アシストパワーで157-163ドヒドイデを確定


エーフィ 172-x-224-302-230-286
アシストパワー1発で落とせない物理ポケモンメガクチートを相手にした時役立つリフレクター


ピクシー 183-x-188-318-222-202
318珠火炎放射で167-172ギルガルドを14/16

カバルドンを含んだ吠える吹き飛ばしを持っていそうなポケモンがいた場合は
エーフィを極力出すが、それ以外でミミッキュがいた時に出していく。


霊獣ボルトロス 175-x-105-168-108-154

カプ・コケコに対面で強く、電気玉投げつけるとエレキネットでS操作する。
挑発は相手のカバルドンに打つ技。


ヨノワール 152-x-189-x-167-69

追い風や麻痺で抜けない加速ポケモンに対してはトリックルームから展開したい。
挑発は先ほどと同じくカバルドンに打つ技。
一回の挑発をしのぎトリックルーム→挑発で逆に相手の補助技を防ぐメンタルハーブ


(選出)
イーブイに特化させているのでイーブイは確定。
後は相手の構築によって起点作りとエースとなるポケモンを選ぶ。

(おまけ)
f:id:nyaooshi:20170522235703p:image
ゴロンダ@ロゼルの実 189-304-208-x-184-242 ※型破り
・つけあがる 地震 毒突き 身代わり

強いと思ったんやけどなあ〜。


雑に書いているので、配分詳細を含め質問がある方はリプライやDM、コメントでどうぞ。

2017-05-07

第15回キツネの社mfベスト16 Aライチュウ始動押し付け分身バトン

f:id:nyaooshi:20170507103205p:image:w360


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
Aライチュウサーフテール臆病気合いの襷サイコキネシスほっぺすりすりリフレクターアンコール
エーフィマジックミラー図太いノーマルZ欠伸影分身身代わりバトンタッチ
バシャーモ加速控えめ草Zソーラービーム影分身身代わりバトンタッチ
パルシェンスキルリンク陽気王者の印つらら針ロックブラスト身代わり殻を破る
ピクシーマジックガード控えめバンジの実アシストパワーチャージビーム身代わり月の光
霊獣ボルトロス蓄電臆病格闘Z10万ボルト気合い玉サイコキネシス悪巧み

最近はバトンタッチを用いた運要素の押し付けを考察していた。

採用順の解説

Aライチュウ 135-x-71-147-105-178
麻痺で起点を作るタイプの構築はカプ・コケコとバシャーモが重くなるのでそれらに強い始動役。
相手のエレキフィールドを利用して上からカプ・コケコを倒すサイコキネシス麻痺を撒くほっぺすりすり。
残りの2つは地面タイプとガルーラに対して裏で展開しやすくするリフレクターと起点回避のアンコール。


エーフィ 169-x-122-x-115-135
相手のカバルドン入りは勿論、不意の吠える吹き飛ばしに耐性を持つバトン役。
麻痺を撒いた後に展開する身代わり+影分身。
起点になるのを嫌って交代してきた相手にはZ欠伸→身代わりでSをあげつつ相手が眠るor確実に影分身を1回積める。
ノーマルZはそれだけでなく、岩石封じ等のS操作に対してZバトンタッチの動きも出来る。


バシャーモ 157-x-91-178-92-129
Zソーラービームで215-124カバルドンが12/16

エーフィと同じく身代わり+影分身。
Zソーラービームは構築単位できついアシレーヌに主に打つ技。
カバルドンは慎重HDだとほぼ落ちないのでおまけ程度。


パルシェン 125-147-201-x-65-134
S+1で最速130族抜き

メインとなるバトン先。基本的にはこちらを出していきたい。
バトンに依存せず、単体でも動く事が出来るのが強み。
分身バトンした際に回避の試行回数を稼ぐ身代わりを採用している。
回避と合わせて強引に相手を突破するために持ち物は王者の印。


ピクシー 202-x-93-161-110-81
3加速で最速130族抜き

回避バトン前提なので火力特化、呪いが効かないマジックガードでの採用。
バンジの実と身代わりにより回避の思考回数を稼ぐ。
テッカグヤを殴りつつ火力をあげられるチャージビームを採用。


霊獣ボルトロス 155-x-90-197-100-168(実際は少し耐久に振った個体を使用)
ここまでで受け回し系の構築が辛いので、格闘Z霊獣ボルトロスを使用。
また、刺さってる相手にはバトン先にもなり得る。


(主な選出)
Aライチュウ+エーフィ+パルシェン
Aライチュウ+バシャーモ+ピクシーorパルシェン

(結果)
にゃおーし 第15回キツネの社mf予選6-3 予選抜け 決勝トーナメント2回戦負けベスト16
ロー    第15回キツネの社mf予選6-3 オポネントにより予選落ち

Z欠伸エーフィには数ヵ月前から注目していたのでそこそこの形にする事が出来て良かった。
また今回、この構築をローさんに渡し同じオフで使用してもらった。

ローさんの記事リンク Aライチュウ始動押し付け分身バトン - 鬼火外しは運負け

(この構築のQRコード)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-97E5-4156

(おまけ)
迷走時期に使っていたハブネーク、要望があったので簡単に。
前回のharvestではハブネークバシャーモピクシーを軸とした構築を使った。

ハブネーク@気合いの襷 特性:すりぬけ
ヘドロウェーブ 蛇睨み 挑発 黒い霧

ジャローダに比べて対ガルーラ性能は無いに等しいが
メガボーマンダメガゲンガーの身代わりに対して動ける所を評価した。

2017-03-27

第2回BCSベスト8 草結び搭載カバグロス

f:id:nyaooshi:20140706201251p:imagef:id:nyaooshi:20170327154158p:imagef:id:nyaooshi:20170327154157p:imagef:id:nyaooshi:20160803150732p:imagef:id:nyaooshi:20170327154200p:imagef:id:nyaooshi:20170327154159p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カバルドン砂起こし慎重ゴツゴツメット地震岩石封じステルスロック吹き飛ばし
メタグロスクリアボディ→硬い爪陽気メタグロスナイトアイアンヘッド岩石封じ地震草結び
カプ・コケコエレキメイカー臆病電気Z10万ボルト羽やすめ毒々身代わり
ボーマンダ威嚇→スカイスキン陽気ボーマンダナイト捨て身タックル炎の牙竜の舞羽やすめ
ナットレイ鉄の棘勇敢ラムの実種マシンガンジャイロボールしっぺ返し剣の舞
ゲッコウガ変幻自在臆病水Zハイドロポンプ冷凍ビームめざめるパワー水手裏剣

優秀だと考えているメガメタグロスカバルドンからスタート。
相手のカバルドン入りが楽になるようにメタグロスに草結びを搭載した。
この2匹だと相手の高耐久ポケモンが辛いので、数値受けを崩す手段を裏に置いた。

個体解説は採用順。

メガメタグロス 183-170-170-115-135-170
アイアンヘッド2発で183-116ガブリアスの瀕死率約87%
草結び2発で215-136カバルドンの瀕死率約78%
EF下147Z10万ボルトを12/16耐え

素早く、行動回数がある程度約束されているメガ進化。
それでいてカプ・テテフミミッキュに強め。
技構成はカバルドンリザードンの並びに刺す岩石封じ+草結び。
Yに耐えられたりXのフレアドライブで落とされたとしても後続の圏内に入れる事が出来る。


カバルドン 215-132-143-x-132-67
211晴れオーバーヒート耐え

Dにも努力値を割く事で初手への出しやすさをあげた。
ステルスロックゴツゴツメット、砂の削りで後続の圏内に入れる役割を担う。
欠伸による起点作りに依存しないため、リザードンウルガモスボルトロスへの打点となる岩石封じ。


ゲッコウガ 149-x-97-145-92-190
Zハイドロポンプ(守)+水手裏剣で155-90バシャーモをほぼ落とせる
182逆鱗を15/16耐え
最速メガボーマンダ抜き

ほとんどのポケモンを上から殴る事ができZハイドロポンプや水手裏剣により
相手のバシャーモドリュウズに自然に強くなれる。
構築単位で炎打点に乏しかったのでめざめるパワー炎を採用した。


カプ・コケコ 145-x-106-147-95-200
単体性能を高めるために持ち物は電気Z。
高耐久や耐性で受けてくる相手に強い毒々+身代わり+羽やすめ。


メガボーマンダ 183-173-151-x-138-171
捨て身タックルで145-96カプ・テテフを確定
200ムーンフォース15/16耐え

ナットレイカプ・テテフ受けを依存させないようにD振りで幅を広げた。
カミツルギナットレイへの打点となる炎の牙、カプ・コケコの毒と相性の良い羽やすめ。
数値を盾に舞った後の抜き性能を評価した竜の舞。


ナットレイ 181-157-155-x-136-22
182マッハパンチ2発を急所非考慮で約82%で耐える

メガボーマンダを選出した際の鋼枠。
キノガッサカバルドンメガゲンガーの並びに強め。
しっぺ返しは大爆発と選択、今回はギルガルドメタグロスへの打点を優先した。


選出パターン
ゲッコウガメタグロスカバルドン
ゲッコウガボーマンダナットレイorカバルドン
カプ・コケコ+ボーマンダカバルドン

結果
第2回BCS 予選5-1 決勝トーナメント2回戦負けベスト8

この構築のQR 
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-41A3-908D

2017-02-13

呪いミミッキュ+スカーフテテフ

f:id:nyaooshi:20170213191906p:imagef:id:nyaooshi:20161226165811p:imagef:id:nyaooshi:20141115162300p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
ミミッキュ化けの皮陽気ゴーストZシャドークロー呪い身代わり守る
カプ・テテフサイコメイカー臆病拘りスカーフサイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール
ガルーラ肝っ玉→親子愛陽気ガルーラナイト恩返し地震岩雪崩グロウパンチ

ミミッキュ 161-111-101-x-126-162
S 
最速

初手に非常に出しやすい性能を利用、また特性により自身より遅い相手に対しては
無理やり呪い+身代わり守るに入る事が出来る。
相手の1匹目を倒すもしくは交換を強制させて
複数匹に呪いによる削りを入れてカプ・テテフの攻撃圏内にする事を目指していく。

複数匹に呪いを入れる場合ゴーストZが非常に重宝する。
守るは呪いのターン稼ぎに使える他、ガルーラ素猫だましも透かす事が出来る。


カプ・テテフ 151-x-96-182-136-155
HD 
200眼鏡シャドーボールを12/16で耐える
S
準速ガブリアス+1

基本的にはいかにこのポケモン圏内に入れるかを考える。
控えめスカーフテテフと、ついでに意地スカーフガブリアスを抜いて少し耐久に振っている。

エスパー技2つの他は、メガギャラドス等の悪タイプに打てるムーンフォース
同族に打つことが出来るシャドーボール


メガガルーラ 181-177-120-x-120-167
S 
最速

同族を含め、より多くの相手を上から殴れる最速での採用。
恩返しかグロウパンチのどちらかは身代わりも一考。

無理やり相手を圏内に押し込んだり、ミミッキュの化けの皮を一方的に剥がす事が出来るかもしれない岩雪崩と
ギルガルド等の鋼タイプに打点となる地震を採用している。



7世代において重要な要素である初手での出しやすさを考えてミミッキュ
その呪い+身代わり+守る+ゴーストZによる強力な削り性能に着目して並びを考え始めた。
削った後どうするかを考えた結果、拘りスカーフを持ったカプ・テテフが分かりやすく強力だと思った。

ここまでは良かったのだが
ミミッキュカプ・テテフ+メガ進化のメガ進化枠がしっくり来なかった。
またこちらがやりたい事を出来ない相手、主にトリックルームミミッキュが非常にきつかったので解散
ミミッキュの性能自体は面白かったので今後何かに使えるかもしれない。

2017-01-11

マジカルシャイン搭載カプ・ブルル

f:id:nyaooshi:20170111235544p:image

1/12追記
うっかりやの方が効率良かったので修正。


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カプ・ブルルグラスメイカーうっかりや妖精Zマジカルシャインウッドハンマー宿り木の種身代わり

161-150-136-133-106-125

A
グラスフィールド下ウッドハンマーで145-106カプ・コケコを15/16で落とせる
C
Zマジカルシャインで201-126メガボーマンダを11/16で落とせる(身代わりに対する捨て身反動込みで確定)
S
最速テッカグヤ+1

鉢巻ウッドハンマーの火力を警戒させる事で、有利対面身代わりからスタートするカプ・ブルル
そのまま低速のポケモンの場合は宿り木の種+身代わりによって削る事が出来る。

従来の宿り木の種+身代わりのカプ・ブルルと違う点は言うまでもなくマジカルシャイン
この技に注目したのが事の発端ではあるが、後出しされたメガボーマンダを倒す事が出来る。
フィールド下でカプ・コケコをほぼ落とせるように低耐久のポケモンに対しては十分な打点となっている。


先日行われた第6回Harvestで使用、ブロック3位か4位で予選落ちしたものの
このカプ・ブルルには可能性を感じた。
しかし現在考えている構築には入ってこなさそう&シーズン1も残りわずかという事で公開に至った。