Hatena::ブログ(Diary)

バンギの飼い猫レパルダス

2017-03-27

第2回BCSベスト8 草結び搭載カバグロス

f:id:nyaooshi:20140706201251p:imagef:id:nyaooshi:20170327154158p:imagef:id:nyaooshi:20170327154157p:imagef:id:nyaooshi:20160803150732p:imagef:id:nyaooshi:20170327154200p:imagef:id:nyaooshi:20170327154159p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カバルドン砂起こし慎重ゴツゴツメット地震岩石封じステルスロック吹き飛ばし
メタグロスクリアボディ→硬い爪陽気メタグロスナイトアイアンヘッド岩石封じ地震草結び
カプ・コケコエレキメイカー臆病電気Z10万ボルト羽やすめ毒々身代わり
ボーマンダ威嚇→スカイスキン陽気ボーマンダナイト捨て身タックル炎の牙竜の舞羽やすめ
ナットレイ鉄の棘勇敢ラムの実種マシンガンジャイロボールしっぺ返し剣の舞
ゲッコウガ変幻自在臆病水Zハイドロポンプ冷凍ビームめざめるパワー水手裏剣

優秀だと考えているメガメタグロスカバルドンからスタート。
相手のカバルドン入りが楽になるようにメタグロスに草結びを搭載した。
この2匹だと相手の高耐久ポケモンが辛いので、数値受けを崩す手段を裏に置いた。

個体解説は採用順。

メガメタグロス 183-170-170-115-135-170
アイアンヘッド2発で183-116ガブリアスの瀕死率約87%
草結び2発で215-136カバルドンの瀕死率約78%
EF下147Z10万ボルトを12/16耐え

素早く、行動回数がある程度約束されているメガ進化。
それでいてカプ・テテフミミッキュに強め。
技構成はカバルドンリザードンの並びに刺す岩石封じ+草結び。
Yに耐えられたりXのフレアドライブで落とされたとしても後続の圏内に入れる事が出来る。


カバルドン 215-132-143-x-132-67
211晴れオーバーヒート耐え

Dにも努力値を割く事で初手への出しやすさをあげた。
ステルスロックゴツゴツメット、砂の削りで後続の圏内に入れる役割を担う。
欠伸による起点作りに依存しないため、リザードンウルガモスボルトロスへの打点となる岩石封じ。


ゲッコウガ 149-x-97-145-92-190
Zハイドロポンプ(守)+水手裏剣で155-90バシャーモをほぼ落とせる
182逆鱗を15/16耐え
最速メガボーマンダ抜き

ほとんどのポケモンを上から殴る事ができZハイドロポンプや水手裏剣により
相手のバシャーモドリュウズに自然に強くなれる。
構築単位で炎打点に乏しかったのでめざめるパワー炎を採用した。


カプ・コケコ 145-x-106-147-95-200
単体性能を高めるために持ち物は電気Z。
高耐久や耐性で受けてくる相手に強い毒々+身代わり+羽やすめ。


メガボーマンダ 183-173-151-x-138-171
捨て身タックルで145-96カプ・テテフを確定
200ムーンフォース15/16耐え

ナットレイカプ・テテフ受けを依存させないようにD振りで幅を広げた。
カミツルギナットレイへの打点となる炎の牙、カプ・コケコの毒と相性の良い羽やすめ。
数値を盾に舞った後の抜き性能を評価した竜の舞。


ナットレイ 181-157-155-x-136-22
182マッハパンチ2発を急所非考慮で約82%で耐える

メガボーマンダを選出した際の鋼枠。
キノガッサカバルドンメガゲンガーの並びに強め。
しっぺ返しは大爆発と選択、今回はギルガルドメタグロスへの打点を優先した。


選出パターン
ゲッコウガメタグロスカバルドン
ゲッコウガボーマンダナットレイorカバルドン
カプ・コケコ+ボーマンダカバルドン

結果
第2回BCS 予選5-1 決勝トーナメント2回戦負けベスト8

この構築のQR 
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-41A3-908D

2017-02-13

呪いミミッキュ+スカーフテテフ

f:id:nyaooshi:20170213191906p:imagef:id:nyaooshi:20161226165811p:imagef:id:nyaooshi:20141115162300p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
ミミッキュ化けの皮陽気ゴーストZシャドークロー呪い身代わり守る
カプ・テテフサイコメイカー臆病拘りスカーフサイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール
ガルーラ肝っ玉→親子愛陽気ガルーラナイト恩返し地震岩雪崩グロウパンチ

ミミッキュ 161-111-101-x-126-162
S 
最速

初手に非常に出しやすい性能を利用、また特性により自身より遅い相手に対しては
無理やり呪い+身代わり守るに入る事が出来る。
相手の1匹目を倒すもしくは交換を強制させて
複数匹に呪いによる削りを入れてカプ・テテフの攻撃圏内にする事を目指していく。

複数匹に呪いを入れる場合ゴーストZが非常に重宝する。
守るは呪いのターン稼ぎに使える他、ガルーラ素猫だましも透かす事が出来る。


カプ・テテフ 151-x-96-182-136-155
HD 
200眼鏡シャドーボールを12/16で耐える
S
準速ガブリアス+1

基本的にはいかにこのポケモン圏内に入れるかを考える。
控えめスカーフテテフと、ついでに意地スカーフガブリアスを抜いて少し耐久に振っている。

エスパー技2つの他は、メガギャラドス等の悪タイプに打てるムーンフォース
同族に打つことが出来るシャドーボール


メガガルーラ 181-177-120-x-120-167
S 
最速

同族を含め、より多くの相手を上から殴れる最速での採用。
恩返しかグロウパンチのどちらかは身代わりも一考。

無理やり相手を圏内に押し込んだり、ミミッキュの化けの皮を一方的に剥がす事が出来るかもしれない岩雪崩と
ギルガルド等の鋼タイプに打点となる地震を採用している。



7世代において重要な要素である初手での出しやすさを考えてミミッキュ
その呪い+身代わり+守る+ゴーストZによる強力な削り性能に着目して並びを考え始めた。
削った後どうするかを考えた結果、拘りスカーフを持ったカプ・テテフが分かりやすく強力だと思った。

ここまでは良かったのだが
ミミッキュカプ・テテフ+メガ進化のメガ進化枠がしっくり来なかった。
またこちらがやりたい事を出来ない相手、主にトリックルームミミッキュが非常にきつかったので解散
ミミッキュの性能自体は面白かったので今後何かに使えるかもしれない。

2017-01-11

マジカルシャイン搭載カプ・ブルル

f:id:nyaooshi:20170111235544p:image

1/12追記
うっかりやの方が効率良かったので修正。


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カプ・ブルルグラスメイカーうっかりや妖精Zマジカルシャインウッドハンマー宿り木の種身代わり

161-150-136-133-106-125

A
グラスフィールド下ウッドハンマーで145-106カプ・コケコを15/16で落とせる
C
Zマジカルシャインで201-126メガボーマンダを11/16で落とせる(身代わりに対する捨て身反動込みで確定)
S
最速テッカグヤ+1

鉢巻ウッドハンマーの火力を警戒させる事で、有利対面身代わりからスタートするカプ・ブルル
そのまま低速のポケモンの場合は宿り木の種+身代わりによって削る事が出来る。

従来の宿り木の種+身代わりのカプ・ブルルと違う点は言うまでもなくマジカルシャイン
この技に注目したのが事の発端ではあるが、後出しされたメガボーマンダを倒す事が出来る。
フィールド下でカプ・コケコをほぼ落とせるように低耐久のポケモンに対しては十分な打点となっている。


先日行われた第6回Harvestで使用、ブロック3位か4位で予選落ちしたものの
このカプ・ブルルには可能性を感じた。
しかし現在考えている構築には入ってこなさそう&シーズン1も残りわずかという事で公開に至った。

2016-12-26

 第1回VirginCup使用構築 予選8位最終4位

f:id:nyaooshi:20161226201710j:image:w360

7世代初記事。
第1回VirginCupに、てなりーたという名前で参加してきた。
結果は予選6-2で8位抜け、最終的に3位決定戦で負け4位となった。


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
メガボーマンダ威嚇→スカイスキン無邪気ボーマンダナイト捨て身タックル地震竜星群火炎放射
ガブリアス鮫肌陽気ゴツゴツメット逆鱗地震炎の牙剣の舞
カビゴン食いしん坊意地っ張りイアの実恩返し地震鈍いリサイクル
カプ・テテフサイコメイカー臆病カプZサイコキネシスシャドーボール10万ボルト自然の怒り
パルシェンスキルリンク意地っ張り気合いの襷つららばりロックブラスト氷の礫殻を破る
ギルガルドバトルスイッチ慎重格闘Zシャドークロー聖なる剣影打ち剣の舞

以下採用順の解説とする。

カプ・テテフ  177-x-96-150-135-161
C
203-133チョッキテッカグヤをZ自然の怒り+10万ボルトで確定
S
最速

この構築の始点。
テッカグヤギルガルドといった鋼を非常に誘う特徴を逆に利用し
相手を崩していく事を目標としている。
上記のポケモンを削る、もしくは突破した後に裏のカビゴンパルシェンを通していく。

自身が殴る事が出来るサイコキネシスを確定とし
ギルガルドカプ・テテフに打つ事が出来るシャドーボール
テッカグヤやカプ・レヒレへの打点となる10万ボルトを採用した。

より多くのポケモンに対し自然の怒りで最低限の削りを行えるように最速。


カビゴン 配分割愛

配分は最適のモノで無いので今回は割愛、200眼鏡カプ・テテフを意識した配分を使った。
体力1/4で発動し1/2回復する木の実を特性により早く使用する事が出来る。
これとリサイクルを組み合わせる事により、大抵のポケモンを対面から鈍いの起点にする事を可能とする。

攻撃技は恩返しを確定とし、もう1つはAガラガラやゲンガーギルガルドへの打点となる地震を採用した。


メガボーマンダ 171-196-151-141-99-189
S
最速

今回はメガ進化枠にメガボーマンダを採用。
マッシブーンメガルカリオ等、カビゴンが苦手とする格闘タイプのポケモンに強く出られる。

他のポケモンの手助け無しでは舞う事が難しいため両刀となっており
火力を押し付ける構成となっている。


パルシェン 125-161-201-x-65-122
S
準速

相手のガブリアスミミッキュに見せ合い時点から圧力をかけられ
ロックブラストによりオニゴーリに多少抗う事が出来る。

この構成だと相手のギルガルド等が辛いが
前述のカプ・テテフによりそれを解決している。

気合いの襷による行動保証は強力で
それに加えて殻を破るを用い抜いていくのかどうかを場面に応じて
選択する事が出来る。


ギルガルド 167-173-70-x-110-80 167-73-170-x-220-80
A
Z聖なる剣で207-121メガガルーラが8/16で落ちる
HD
150パルシェンの+2Zハイドロポンプを最高乱数以外で耐える

特殊耐久に厚くしたギルガルド
主にAキュウコン絡みの壁構築に選出していく。

Aキュウコンは壁+アンコールによりこちらの積み技を妨害してくるが
こちらへの打点には乏しい。
そこで敢えてアンコールを受け入れる事で
相手が積みに来たタイミングでZ聖なる剣を使い一時的にアンコール状態を解除する。


ガブリアス 183-182-115-x-106-169
S
最速

電気の一貫を切りつつ、相手の鋼タイプのポケモンに強いポケモン
気合いの襷を取られているため、相手のメガガルーラを始めとした
物理ポケモンに対して後出しした時に強力な削りを行えるゴツゴツメットを持たせた。

剣の舞+炎の牙でテッカグヤにも抗う事が出来る。
6匹目に入ってきた事もあり怪しい部分もあるので
技構成、持ち物は再考の余地あり。


<選出>
カプ・テテフ+カビゴンorパルシェン+メガボーマンダ
カプ・テテフ+カビゴン+パルシェン
ギルガルド+相手に応じて2匹選択

<まとめ>
SM環境で自身初のオフ参加、そこでこのような結果を出せた事には満足している。
しかし優勝出来なかった(勝ち切れなかった)のは構築に怪しい要素が残っていたから。
それを反省点とし、次の構築はより完成度を高めたい。


運営の方々、参加者の方々お疲れ様でした。
年内更新はこれが最後です、来年も宜しくお願い致します。
よいお年を。

2016-11-17

第2回ちょくオフベスト16 メガミミロップ+バンギラスor風船マリルリ

f:id:nyaooshi:20161114112248p:imagef:id:nyaooshi:20140427004657p:imagef:id:nyaooshi:20161111110509p:imagef:id:nyaooshi:20140817043411p:imagef:id:nyaooshi:20140323131906p:imagef:id:nyaooshi:20160803192421p:image

第2回ちょくオフに参加してきた。結果は7-2予選ブロック1位抜け後決勝トーナメント1回戦敗退。
6世代最後という事で普通の対面構築以外を使ってみたかったのでメガミミロップ選択
ありがちな構築には勝てるように組んだつもり。
他の構築と比べたら明らかに完成度が低いが記念に簡易的公開。


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
ミミロップ柔軟→肝っ玉陽気ミミロップナイト恩返し飛び膝蹴り身代わりバトンタッチ
バンギラス砂起こし陽気達人の帯噛み砕く冷凍パンチ蹴手繰り龍の舞
マリルリ力持ち陽気風船じゃれつく叩き落とす腹太鼓守る
ラグラージ激流図太い食べ残し波乗り欠伸ステルスロック吠える
ゲンガー浮遊→影踏み臆病ゲンガナイト祟り気合い玉催眠術身代わり
ウルガモス虫の知らせ控えめラムの実炎の舞虫のさざめき蝶の舞身代わり

メガミミロップ 141(4)-188(252)-115(4)-x-117(4)-204(244)
S
メガ進化前最速ガブリアス+2。

構築の組み始め。強力なメガ進化であるガルーラゲンガーの2匹を上から殴る事が可能。
今回はそれに加えて、ありがちな対面構築でメガミミロップを受けようとすると
化身ボルトロスガブリアススイクンに頼らざるを得ない所に注目した。

高耐久低火力のポケモンに対して身代わりを残せた場合は
バトンタッチにより一気に相手を崩していく。
ガブリアスの前でバトンタッチをした場合
拘りスカーフ持ちかどうかを判別できる点も重要。


バンギラス S実数値114 最低限のAを確保し残り耐久
HB
182地震+鮫肌ダメージ1回を大体耐える。
S
1舞で最速ガブリアスを抜ける。

こちらのメガミミロップクレセリアの前で身代わりを残す事に成功した場合に崩す駒。
それ以外にも崩せそうな並びの場合は積極的に選出していく。
タイプ一致打点かつクレセリアを倒す噛み砕くと
ガルーラガブリアスに対する蹴手繰りと冷凍パンチ

今回はステルスロック+舞帯蹴手繰りで堅いメガガルーラが落ちる程度の火力を確保し
残りは耐久に回したが、配分は再考の余地あり。


マリルリ 175-102(252)-100-x-101(4)-112(252)
S
最速

Sにあまり割いていないクレセリアスイクンを抜けるように陽気での採用。
火力が足りない部分はステルスロックで補助する。

風船の理由は対ガブリアスを重く見たため。
こちらのバンギラスメガゲンガーがスカーフガブリアスに弱いので
それをケアしつつこちらの崩しと起点とする。

ウエポンは、叩き落とすではなくじゃれつく。
太鼓を叩かずとも打点を確保できるので裏に負担もかけやすい。
また、メガガルーラの猫だまし回避やターン数稼ぎに何かと便利な守るを搭載した。


ラグラージ 207(252)-x-156(252)-105-110-81(4)

主に起点を作る役割を持たせたラグラージ
化身ボルトロスガブリアス等、メガミミロップがあまり相手をしたくないポケモンに対して
何回か行動する事が出来る。

食べ残しを持たせる事で、ステルスロックが撒けていない時でも
欠伸を連打する事で体力を回復する事が可能。

何かと便利なポケモンだが、最近流行りのラムorカゴ太鼓眠るマリルリが脅威となり
ケアをするために吠えるを選択しなければいけない事が多々あったので
ウエポンは検討の余地あり。


メガゲンガー 135-x-101(4)-222(252)-115-200(252)

上記のラグラージと相性が良く
他のポケモンの通りが悪い時に選出する2匹目のメガ進化。
サイクル系統の構築には、基本的にメガゲンガーを選出する。


6匹目にはウルガモスを採用し、ちょくオフに臨んだが
この枠は化身ボルトロス@ラムの実(10万/めざ氷/挑発/悪巧み)でも良いかもしれない。
採用理由は相手の展開阻害、害悪耐性。
また構築単位でキノガッサが重く、非常に窮屈な立ち回りを強いられるのでそれも踏まえて
6匹目は改善の余地がありそう。


選出パターン
メガミミロップ+バンギラス+ラグラージorマリルリ
メガミミロップ+ラグラージ+マリルリ
ラグラージ+メガゲンガー@1


6世代最後のオフは使っていて楽しい構築を使い予選抜けで終えることが出来た。
7世代も基本的には順当に強い構築を使っていきたいが
今回のメガミミロップ、前回のメガリザードンのように
少しランクが低いポケモンも積極的に使っていき視野を広げたい。


6世代お疲れ様でした。
7世代でも引き続き当ブログを宜しくお願い致します。
何かありましたらツイッター @nyao_manman までどうぞ。