Hatena::ブログ(Diary)

torutkの日記 RSSフィード

2016-12-01

[][]NetBeans IDEでソースコードの文字サイズをその場で調整

NetBeans IDE上のソースコードをプロジェクタに投影して見せる場合、デフォルトでは文字サイズが小さいので識別が困難です。しかし、プロジェクタに投影しているときに、いったん設定画面を呼び出してフォントサイズを変更して、という操作を見せてしまうのはエレガントではありません。

キー操作あるいはマウスホイール操作で、その場でソースコード表示の文字サイズ増減できるとうれしいです。

NetBeans IDEでは、キーマップ設定で任意のキーに文字サイズの増減を割り当てることができます。

https://blogs.oracle.com/geertjan/entry/scroll_in_netbeans_editor_to

キーマップのアクション名 日本語版でのアクション名 デフォルト
Zoom Text In テキストを拡大 ALT + MOUSE_WHEEL_UP
Zoom Text Out テキストを縮小 ALT + MOUSE_WHEEL_DOWN

デフォルトでは、ALT + マウスホイール上下 で文字サイズの増減が割り当たっています。ALTキーを押しながらマウスホイールを動かすか、マウスホイールボタンを押し下げたままホイールを動かすことで、ソースコード編集領域、出力領域の文字サイズが増減します。

EmacsおよびIdeaキーバインドに変更している場合、上述のキーマップアクションは未割当です。

Eclipseキーバインドに変更している場合、上述のキーマップアクションは、Ctrl + =およびCtrl + -となっています。

今週土曜日に開催されるJJUG CCCで発表する際に使用するノートPC は、発表中にはマウスを使わないので、ALT + UPとALT + DOWNに割り当てを行いました。

なお、NetBeans IDEのプロジェクトペイン、ファイルペインやメニューなどの表示は上述の操作では変更されないので、NetBeans IDEを起動するときのコマンドラインオプションに --fontsize 20 など大きな値を指定しておきます。

その他操作メモ

NetBeans IDEのフルスクリーン表示切替は、[表示]メニュー > [フルスクリーン] で、ショートカットキーが Alt + Shift + Enter です。