男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018-09-11 時計じかけの姉 このエントリーを含むブックマーク

今年になってから7回しかこブログ更新してなくて、しかも告知とベストテン企画ばっかりだということに気づきました。


2005年から2016年まで、12年も毎日更新してたのに、一旦やめてしまうともうこんな感じになってしまいます。習慣というのはおそろしいものです。


はてなダイアリーももうすぐ終わるそうだし(http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20180830/blog_unify)、去りゆく季節に思いを馳せるというのもときには乙なものかもしれませんが、そんなこととは関係なく、最近読んでいる漫画の話でもして、滅多に書かなくなった自分文章を取り戻すリハビリにでもしようと思います



『34歳無職さん』が有名ないけだたかしの、『時計じかけの姉』。これはね、いい漫画です。いやものすごくクセが強い作品なので、万人におすすめできる漫画ではないんですけど。


寂れた商店街時計店を営む晶とミナトの姉弟しかし本物のミナトは10年前に死んでいて、アンドロイドとして晶が甦らせたのだった。

男娼として客をとるミナト。晶はその姿を覗き見て欲望を昂らせ、そしてミナトとの情事に溺れていく。そんな晶に恋する電気屋の息子、ツグジは彼女プロポーズするが……。


というお話愛情狂気エロスタナトスが渦巻く物語で、正直いって読んで愉快な気持ちになるタイプの漫画ではありませんが、ハマるとかなり深いものがあります。あとすっっっごいえっちなのでそういうのが嫌いな方は触れないほうがいいです。


何がいいってね、このお姉さんの肉体がものすごくリアルなんだ。成熟した豊満女性身体を、このぐらいリアリティを持って描く漫画ってなかなかないので、その点だけでも一見価値はあると思いますね。


第一話と第二話はコミックバーズサイトで公開されてるので、まずはそちらをどうぞ。

http://denshi-birz.com/tokeijikake/


というわけで久方ぶりのブログ記事でありました。つい2年前までは、毎日毎日もっと長い文章を書いてたはずなんですけど、ひさしぶりに書くとなかなか感覚がつかめないなあ。


ところで、はてなブログへのインポートってどうやればいいんですかね。

おいちゃんおいちゃん 2018/09/12 14:33 本屋のエロ本の件なんですが、なんだかどっちを向いてもう、うーんという感じがして辛いです。

washburn1975washburn1975 2018/09/12 20:14 エントリの内容と関係ない時事ネタはあとで読み返して意味がわからなくなるので、控えめにお願いします。
まあ、あの件は結局、オタク系の絵って独特の臭みがあるものなんですけど、ソレ系のカルチャーにどっぷり浸かってると、その臭みがわかんなくなるってことなんだと思いますねえ。

おいちゃんおいちゃん 2018/09/13 08:17 >エントリの内容と関係ない時事ネタはあとで読み返して意味がわからなくなるので、控えめにお願いします。

失礼しました。マナー違反でした!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20180911

2018-06-20 お酒映画ベストテン:結果発表 このエントリーを含むブックマーク

さて、予定よりだいぶ遅れてしまいましたが、ゴールデンウイーク募集した「お酒映画ベストテン」の結果を発表したいと思います


今回も破壊屋さんのアシストいただき(というより丸投げに近い)集計作業は迅速に済んでいたのですが、連休明け初日にワイがギックリ腰に見舞われ、1ヶ月以上にわたりパソコンの前に座って作業をすることができない状態に陥っておりました。

そのため、発表がなかなかできなかったことをお詫びいたします


お酒映画という縛りがキツかったのか、今回は参加者24名にとどまりましたが、バラエティに富んだ投票にはおおいに楽しませていただきました。


というわけで、もったいつけず1位からドーンといきます


1位:ワールズ・エンド 酔っぱらい世界を救う! 57点



2位:ドランクモンキー 酔拳 48.5点



3位:夜は短し歩けよ乙女 32点

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版



4位:幸福の黄色いハンカチ 25点



5位:レイダース/失われた聖櫃 22点



6位:カサブランカ 20点



7位:吐きだめの悪魔 19点



8位:ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 18点

ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]



9位:劇場版 じゃりン子チエ 16点



10位:ジョーズ 14.5点


同率10位:ダーティペア劇場版 14.5点

EMOTION the Best ダーティペア 劇場版 [DVD]

EMOTION the Best ダーティペア 劇場版 [DVD]


同率10位:悪魔の手毬唄 14.5点



酔拳』が大本命だと思っていたんですケド、より「酔っ払い」をテーマの中心に据えた『ワールズ・エンド』のほうが1位となりました。

また、ぼく的にはまったくノーマークだった『夜は短し歩けよ乙女』がこんなに上位にくるとは、意外な結果でした。みんなけっこうラノベ邦画も観てるのね。


かと思えば、ちゃんと『吐きだめの悪魔』がランクインするあたりは、さすがうちのベストテンらしいカラーが出たかと思います。あと『ダーティペア』が入るあたりも、まあ世代ですよ世代


13位から下はこんな感じです。


ビールフェスタ 無修正世界対抗・一気飲み選手権ベティブルー/愛と激情の日々 9点


今回はとにかくカブりが少なかった。「お酒映画」というテーマが、何気に広いテイストをカバーし得るものだったのだなぁと再認識させられました。ご参加いただいたみなさまには、心より御礼申し上げます

Dick powaaan Dick powaaan 2018/06/20 21:25 集計、お疲れ様でした。

結果を見て、ナルホドと思うのもあれば、えっこれもあったか!という作品もあり、またお酒のシーンをピックアップして映画の思い出を掘り起こす作業はとても楽しいものでした。
このような機会を作っていただき、ありがとうございました。

2018-04-16 お酒映画ベストテン このエントリーを含むブックマーク

春ですね。みなさんお元気ですか。変わりはありませんか。友だちできましたか。山は死にますか。川は死にますか。いくらブタ箱の臭いまずい飯がうまくなったところでそれで自由になれましたか。闇に沈む月の裏の顔をあばき青い砂や石をどこへ運び去りましたか。


というわけで恒例の、春の映画ベストテン企画です。


2007年映画オールタイムベストテン

映画オールタイムベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 映画オールタイムベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2008年邦画オールタイムベストテン

邦画オールタイムベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 邦画オールタイムベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2009年映画ゼロ年代ベストテン

映画ゼロ年代ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 映画ゼロ年代ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2010年:続編映画ベストテン

続編映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 続編映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2011年スポーツ映画ベストテン

スポーツ映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! スポーツ映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2012年ホラー映画ベストテン

ホラー映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ! ホラー映画ベストテン・結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2013年SF映画ベストテン

SF映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! SF映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2014年アニメ映画ベストテン

アニメ映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! アニメ映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2015年春:おっぱい映画ベストテン

おっぱい映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! おっぱい映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2015年冬:音楽映画ベストテン

音楽映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 音楽映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2016年春:筋肉映画ベストテン

筋肉映画ベストテン:結果発表 〜淀川長治先生に捧ぐ〜 - 男の魂に火をつけろ! 筋肉映画ベストテン:結果発表 〜淀川長治先生に捧ぐ〜 - 男の魂に火をつけろ!

2016年冬:戦争映画ベストテン

戦争映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 戦争映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2017年春:対決映画ベストテン

対決映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 対決映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!

2017年冬:映画オールタイムベストテン2017

映画オールタイムベストテン2017:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 映画オールタイムベストテン2017:結果発表:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!


ベストは真面目なテーマで、春ベスト偏差値低めのテーマでやることにしております。2015年春の「おっぱい」がこのブログ史上最大の反響を呼んだ体験に味を占めてのことですが、以後は鳴かず飛ばずが続いておりますでもやるんだよ!


今回のテーマお酒映画ベストテンといたします


あんまりお酒を飲まないワスではありますが、映画の中でお酒効果的に使われている場面はいろいろありますね。おいしそうに飲む場面のみならず、酔っ払いが巻き起こすおかし騒動アルコール依存症の恐ろしさややるせなさ、お酒づくりの職人たち、お酒自体は出てこないけど登場人物たちが酒について語る場面などなど、何でもかまいません。とにかく「お酒にまつわる映画」であればそれでOKです。


参加方法

ネット上の投票企画の書き方 - 破壊屋ブログ ネット上の投票企画の書き方 - 破壊屋ブログ


はてなブログの方は、トラックバックが飛ばない仕様なので、お手数ですがコメント欄にURLを書き込んでください。


採点方式

  • 1位は10点、2位は9点、3位は8点、以下同様に1点ずつ減っていき、9位は2点、10位は1点とします
  • 順位が付けられない方は「順不同」と明記してください。一律に5.5点とします
  • 10本も選べない、という方は少なくてもいいです。その場合、上から10点、9点、と配点していきます
  • お一人さま55点の範囲内で、点数の指定がある場合はそちらに従います。同率一位(10点)が5本であとの5本に1点ずつ、などの割り振りも可です。その場合は1本ごとの点数をわかりやすく明記してください。
  • ただし、1本につき最高10点、お一人さま10作品までといたします。「1本に55点全部」とか、「1点ずつ55本」などは無効といたしますので、ご了承ください。

対象作品基準


選ぶときの注意

  • 集計の都合上、なるべく、公開年や監督などのデータ一言つけ加えておいてください。
  • 「なんでこれがお酒映画なの?」とわからなくなる場合があると思いますので、出てくるお酒を明記してください。
  • 「こんなの選んだらバカだと思われる」「好きな映画じゃないけど映画史を語る上でこれは外せない」など、不純なことは考えない方が楽しく選べます

ワッシュのお酒映画ベストテン

  1. ドランクモンキー 酔拳(1978年香港ユエン・ウーピン監督ジャッキー・チェン主演 ※中国酒、品種不明
  2. 野獣死すべし(1980年日本村川透監督松田優作主演 ※XYZ)
  3. ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年米、トッド・フィリップス監督ブラッドリー・クーパー主演 ※イエーガーマイスター
  4. 幸福の黄色いハンカチ(1977年日本山田洋監督高倉健主演 ※ビール
  5. 探偵はBARにいる(2011年日本橋本一監督大泉洋主演 ※オリジナルカクテルサウダージ」)
  6. ワールズ・エンド 酔っぱらい世界を救う!(2013年英、エドガー・ライト監督サイモンペグニック・フロスト主演 ※ビール
  7. シャイニング(1980年米、スタンリー・キューブリック監督ジャック・ニコルソン主演 ※ジャックダニエル
  8. 007 ドクター・ノオ(1962年米、テレンス・ヤング監督ショーン・コネリー主演 ※ウォッカマティーニ
  9. 仁義なき戦い(1973年日本深作欣二監督菅原文太主演 ※ぬるいビール
  10. 蘇える金狼(1979年日本村川透監督松田優作主演 ※ジュヴレ・シャンベルタン2001年ものワイン
ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]


普段まりお酒を飲まないので、これだけ挙げるのにも苦労いたしました。ワイン映画とかもっといっぱいありそうな気がするんですけど、ぼくの観てきた映画にはあんまり印象がなかったんですよね。


ではしめきりは、ゴールデンウイークが終わる5月6日(日)24時まで。連休のおともに、ゆっくりお酒でも味わいながら選んでみてはいかがでしょう。ふるってご参加ください!

ヒナタカヒナタカ 2018/04/21 22:33 今回も参加します!トラックバックができないので、ブログ記事のURLと、ベストテンをこちらにコメントして起きますね。

https://kagehinata-movie.com/osake-best10/

1.夜は短し歩けよ乙女(2017年、湯浅政明監督、偽電気ブラン)
2.ベティ・ブルー/愛と激情の日々(1986年、ジャン=ジャック・ベネックス監督、テキーラ・ラピト)
3.おとなのけんか(2011年、ロマン・ポランスキー監督、スコッチ)
4.ショーシャンクの空に(1994年、フランク・ダラボン監督、ビール)
5.サニー 永遠の仲間たち(2011年、カン・ヒョンチョル監督、中国酒(銘柄不明))
6.ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年、エドガー・ライト監督、ビール)
7.フライト(2012年、ローバト・ゼメキス監督、ウイスキーなど)
8.劇場版 じゃりン子チエ(1981年、高畑勲監督、日本酒(銘柄不明))
9.カサブランカ(1942年、マイケル・カーティス監督、コアントロー(シャンパン))
10.カイジ 人生逆転ゲーム(2009年、佐藤東弥監督、ビール)

オギノオギノ 2018/04/25 19:14 参加します。よろしくお願いします。

1.マイマイ新子と千年の魔法(2009年日本、片渕須直監督※ウイスキーボンボン)
2.ダーティペア劇場版(1987年日本、真下耕一監督※ワイン「シャトー・ラフィット・ジェネラル・ドゴール」)
3.じゃりン子チエ(1981年日本、高畑勲監督※ばくだん)
4.夜は短し歩けよ乙女(2017年日本、湯浅政明監督※偽電気ブラン)
5.息もできない(2009年韓国、ヤン・イクチュン監督※ソジュ)
6.フライト(2012年アメリカ、ロバート・ゼメキス※小瓶のウォッカ)
7.大脱走(1963年アメリカ、ジョン・スタージェス監督※芋焼酎)
8.いつかギラギラする日(1992年日本、深作欣二監督※アブサン)
9.007 ロシアより愛をこめて(1963年イギリス、テレンス・ヤング監督※キャンティ)
10.ビューティフル・ピープルゆかいな仲間(1974年アメリカ、ジャミー・ユイス監督※自然発酵した果物)

hakaiyahakaiya 2018/04/29 00:46 1.ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(ビール)
2.ビール・フェスタ 無修正版 世界対抗・一気飲み選手権(ビール)
3.酔拳2(中国酒)
4.ジャンゴ 繋がれざる者(ビール)
5.カクテル(カクテル)

  ナオミント  ナオミント 2018/04/29 06:01 参加します!よろしくお願いします。http://minmin70.hatenablog.com/entry/2018/04/29/054057
1.コンスタンティン(2005年、フランシス・ローレンス監督、アードベッグ)
2.コンタクト・キラー(1990年、アキ・カウリスマキ監督、ウィスキーダブル)
3.凶悪(2013年、白石和彌監督、日本酒ほかいろいろ)
4.君が生きた証(2014年、ウィリアム・H・メイシー監督、マスタング・ウィート)
5.ねじ式(1998年、石井輝男監督、熱燗)
6.海街diary(2015年、是枝裕和監督、手作り梅酒)
7.マジカル・ガール(2014年、カルロス・ベルムト監督、不明・銘柄セーラームーン)
8.キカ(1993年、ペドロ・アルモドバル監督、テキーラ・ラピド)
9.ワイルド・ギャンブル(2015年、ライアン・フレック、アンナ・ボーデン監督、バーボン・銘柄ウッドフォード)
10.アメリカン・ハニー (2016年、アンドレア・アーノルド監督、虫の入った謎の酒)

inox07230inox07230 2018/05/01 15:51 今回も小躍りで参加させてもらいます( ´∀`)
1■遊星からの物体X(J&B)
2■悪魔の手毬歌(葡萄酒)
3■吐きだめの悪魔(ヤバいワイン)
などなど・・・・

globalheadglobalhead 2018/05/03 11:10 参加します。この1作だけです。
1位:『地球に落ちてきた男』監督:ニコラス・ローグ 1976年 イギリス映画 酒の種類:ジン
http://globalhead.hatenadiary.com/entry/2018/05/03/110657

Dick powaaanDick powaaan 2018/05/03 21:15 参加させていただきます!集計よろしくお願い致します。

1幸福の黄色いハンカチ(1977年日本、山田洋二監督 ※瓶ビール)
2夜は短し歩けよ乙女(2017年日本、湯浅政明監督 ※偽電気ブラン)
3探偵はバーにいる(2011年日本、橋本一監督 ※ギムレット)
4男はつらいよ浪速の恋の寅次郎(1981年日本、山田洋次監督 ※日本酒 銘柄不明)
5血煙の石川五右衛門(2017年日本 小池健監督 ※瓶ビール)
6ワールズエンド(2013年英、エドガー・ライト監督 ※ビール)
7続 夕陽のガンマン(1966年伊、セルジオ・レオーネ監督 ※テキーラ)
8キングスマン ゴールデンサークル(2017年米、マシュー・ヴォーン監督 ※ウィスキー)
9エド・ウッド(1991年米、ティム・バートン監督 ※ウィスキー)
10フライト(2012年アメリカ、ロバート・ゼメキス ※オレンジジュースのウォッカ割)

HKtaiyakiHKtaiyaki 2018/05/04 15:25 今年も参加させていただきます、よろしくお願いします。
以下順不同、各5.5点でお願いします。

・ダンボ(1941年、ベン・シャープスティーン監督 ※アルコール飲料、品種不明)
・悪魔のしたたり/ブラッド・サッキング・フリークス(1976年、ジョエル・L・リード監督 ※ビール)
・ドランクモンキー酔拳(1978年、ユエン・ウーピン監督 ※中国酒)
・E.T.(1982年、スティーブン・スピルバーグ監督 ※ビール)
・アダルト♂スクール(2003年、トッド・フィリップス監督 ※ビール)
・スーパーバッド/童貞ウォーズ(2007年、グレッグ・モットーラ監督 ※ゴールドスリック・ウォッカ)
・ピラニア3D(2010年、アレクサンドル・アジャ監督 ※テキーラ)
・ジャンゴ 繋がれざる者(2012年、クエンティン・タランティーノ監督 ※ビール)
・グレート・ギャツビー(2013年、バズ・ラーマン監督 ※カクテル)
・ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!(2013年、エドガー・ライト監督 ※ビール)

人外魔境地底獣国人外魔境地底獣国 2018/05/05 22:40 よろしくお願いします

1 聖なる酔っ払いの伝説(1988年、エルマンノ・オルミ監督)
2 許されざる者(1992年、クリント・イーストウッド監督)
3 ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年、トッド・フィリップス監督)
4 キングスマン(2015年、マシュー・ヴォーン監督)
5 スタートレック2カーンの逆襲(1982年、ニコラス・メイヤー監督※ロミュランエール)
6 座頭市物語(1962年、三隈研次監督)
7 ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年、エドガー・ライト監督)
8 少林サッカー(2001年、チャウ・シンチー監督)
9 アイアンマン2(2010年、ジョン・ファブロー監督)
10 機動警察パトレイバーTHE MOVIE(1989年、押井守監督)

43104310 2018/05/06 09:00 よろしくおねがいします。
1 紅いコーリャン(1987、張芸謀)黄色い大地と赤い酒
2 南部杜氏(1988、諏訪淳)大正から昭和初期の酒造技術を再現
3 ぬるぬる燗燗(1996、西山洋市)究極のぬる燗を生み出す屈伸運動
4 ビール・フェスタ 無修正版〜世界対抗・一気飲み選手権(2006、ジェイ・チャンドラセカール)題名通り
5 サケボム(2013、サキノジュンヤ)謎のゲーム「サケボム」
6 君も出世ができる(1964、須川栄三)フランキー堺とサラリーマン千鳥足軍団の群舞
7 猫が変じて虎になる(1962、春原政久)猫から大トラになる小沢昭一
8 ブラインド・デート(1987、ブレイク・エドワーズ)酒癖最悪なキム・ベイシンガー
9 風と樹と空と(1965、松尾昭典)酔っぱらうと赤ちゃん言葉になる吉永小百合さん
10 ガキ帝国(1981、井筒和幸)最後のセリフ「ビール1本!」

43104310 2018/05/06 09:00 よろしくおねがいします。
1 紅いコーリャン(1987、張芸謀)黄色い大地と赤い酒
2 南部杜氏(1988、諏訪淳)大正から昭和初期の酒造技術を再現
3 ぬるぬる燗燗(1996、西山洋市)究極のぬる燗を生み出す屈伸運動
4 ビール・フェスタ 無修正版〜世界対抗・一気飲み選手権(2006、ジェイ・チャンドラセカール)題名通り
5 サケボム(2013、サキノジュンヤ)謎のゲーム「サケボム」
6 君も出世ができる(1964、須川栄三)フランキー堺とサラリーマン千鳥足軍団の群舞
7 猫が変じて虎になる(1962、春原政久)猫から大トラになる小沢昭一
8 ブラインド・デート(1987、ブレイク・エドワーズ)酒癖最悪なキム・ベイシンガー
9 風と樹と空と(1965、松尾昭典)酔っぱらうと赤ちゃん言葉になる吉永小百合さん
10 ガキ帝国(1981、井筒和幸)最後のセリフ「ビール1本!」

Debu@JunDebu@Jun 2018/05/06 09:50 すっかり締め切りを忘れていました。
あわてて選びます。後日詳細はブログにて。

1 じゃりン子チエ (ばくだん)
2 酔拳2(ラストの呑んじゃいけないアルコール)
3 ドキュメント太陽の牙ダグラム(デロイアのワイン)
4 天国はまだ遠く(加藤ローサのちゃんぽん泥酔)
5 レイダース失われた聖櫃(カレンアレンの飲み比べ)
6 そこのみにて光輝く(ビール)
7 雨あがる(どぶろく)
8 銀河鉄道999(リューズの店の酒 ありゃあオイルか)
9 クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(ひろしの飲むビール)
10 メガゾーン23PART?(ハイネケン)
大急ぎ。お願いします!

Debu@JunDebu@Jun 2018/05/06 09:50 すっかり締め切りを忘れていました。
あわてて選びます。後日詳細はブログにて。

1 じゃりン子チエ (ばくだん)
2 酔拳2(ラストの呑んじゃいけないアルコール)
3 ドキュメント太陽の牙ダグラム(デロイアのワイン)
4 天国はまだ遠く(加藤ローサのちゃんぽん泥酔)
5 レイダース失われた聖櫃(カレンアレンの飲み比べ)
6 そこのみにて光輝く(ビール)
7 雨あがる(どぶろく)
8 銀河鉄道999(リューズの店の酒 ありゃあオイルか)
9 クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(ひろしの飲むビール)
10 メガゾーン23PART?(ハイネケン)
大急ぎ。お願いします!

backstar88backstar88 2018/05/06 10:36 今回も参加します。よろしくお願いします。

1.ドランクモンキー酔拳(1978年、ユエン・ウーピン監督、中国酒)
2.フライト(2012年、ロバート・ゼメキス監督、ウイスキーなど)
3.凶悪(2013年、白石和彌監督、日本酒など)
4.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年、庵野秀明(総)監督、ビール)
5.君の名は。(2016年、新海誠監督、口噛み酒)

misoka12misoka12 2018/05/06 16:32 こんにちは。参加します、よろしくお願いします。
http://misoka12.hateblo.jp/entry/2018/05/06/155736

順不同です。

酔拳〈1978年、ユエン・ウーピン監督〉(あれはなんのお酒だろう)

・ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う〈2013年、エドガー・ライト監督〉(ビール)

・ゴーン・ガール〈2014年、デヴィッド・フィンチャー監督〉(ウイスキー?)

・ムーンライト〈2016年、バリー・ジェンキンス監督〉(赤ワイン)

・パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち〈2003年、ゴア・ヴァービンスキー監督〉(ラム)

・キングスマン〈2014年、マシュー・ヴォーン〉(スコッチ、ワイン、ブランデー、マティーニ。ビールも)

abetabettertomorrowabetabettertomorrow 2018/05/07 00:05 時間すぎてしまいましたが、混ぜていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
http://betabeta.hatenadiary.jp/entry/2018/05/06/235829

abetabettertomorrowabetabettertomorrow 2018/05/07 00:14 先程は、URLのみでコメントをしてしまいました。失礼しました。
順位および作品名は以下の通りとなります。

1.ル・アーヴルの靴みがき (2011年 フィンランド 監督アキ・カウリスマキ お酒白ワイン)
2.インビテーション(2015年 アメリカ 監督カリン・クサマ お酒ワイン)
3.ブルージャスミン(2013年 アメリカ 監督ウディ・アレン お酒シャンパーニュ、ウィスキー)
4.アデル ブルーは熱い色(2013年 フランス 監督アブデラティフ・ケシシュ お酒ワイン)
5.ゼロ グラビティ(2013年 アメリカ 監督アルフォンソ・キュアロン お酒蒸留酒?)
6.キャロル(2015年 アメリカ 監督トッド・ヘインズ お酒 マティーニ)
7.ソニはご機嫌ななめ(2013年 韓国 監督ホン・サンス お酒 焼酎)
8.汽車はふたたび故郷へ(2010年 グルジア 監督オタール・イオセリアーニ お酒 ワイン)
9.イタリアは呼んでいる(2014年 イギリス 監督マイケル・ウィンターボトム お酒 ワイン)
10.ジャッキー・コーガン(2012年 アメリカ 監督アンドリュー・ドミニク お酒 ビール)

2018-04-09 山形小説家・ライター講座 2018年度スケジュール このエントリーを含むブックマーク

昨日は「せんだい文学塾」の年間スケジュールを紹介しましたが、今日姉妹講座である山形小説家ライター講座」の年間スケジュールをここで紹介いたします


※以下敬称略

4月22日(日)14時〜16時開講

講師吉村萬壱芥川賞島清恋愛文学賞作家
司会:黒木あるじ
ボラード病 (文春文庫)

ボラード病 (文春文庫)

怪談実話 終 (竹書房文庫)

怪談実話 終 (竹書房文庫)



5月27日(日)14時〜16時開講

唯川恵直木賞作家
バッグをザックに持ち替えて

バッグをザックに持ち替えて



6月24日(日)14時〜16時開講

辻村深月直木賞作家
かがみの孤城

かがみの孤城



7月22日(日)14時〜16時開講

葉真中顕(日本ミステリー文学大賞新人賞作家、別名:罪山罰太郎
司会:深町秋生
政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)

政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)

卑怯者の流儀 (徳間文庫)

卑怯者の流儀 (徳間文庫)




8月26日(日)14時〜16時開講

三浦しをん直木賞作家
舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)



9月23日(日)14時〜16時開講

塩田武士山田風太郎賞作家)&花房観音団鬼六作家

司会・黒木あるじ

ともにがんばりましょう (講談社文庫)

ともにがんばりましょう (講談社文庫)

半乳捕物帳 (実業之日本社文庫)

半乳捕物帳 (実業之日本社文庫)



11月4日(日)14時〜16時開講(※10月度講座)

堂場瞬一小説すばる新人賞作家



11月25日(土)14時〜16時開講

角田光代井上荒野江國香織直木賞作家たち)
対岸の彼女 (文春文庫)

対岸の彼女 (文春文庫)

切羽へ (新潮文庫)

切羽へ (新潮文庫)

号泣する準備はできていた (新潮文庫)

号泣する準備はできていた (新潮文庫)



12月9日(日)14時〜16時開講

乾石智子ファンタジー作家・創元ファンタジー新人賞選考委員
司会:紺野仲右ヱ門
闇の虹水晶 (創元推理文庫)

闇の虹水晶 (創元推理文庫)

携帯乳児

携帯乳児





1月27日(日)14時〜16時開講

古川日出男(日本SF大賞・三島賞読売文学賞作家
ミライミライ

ミライミライ



2月24日(日)14時〜16時開講

和合亮一詩人中原中也賞)
詩の礫

詩の礫



3月24日(土)14時〜16時開講

門井慶喜直木賞作家
銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞


※やむを得ぬ事情により、講師の顔ぶれは変更になる場合もあります


講座世話役

池上冬樹文芸評論家

会場

2018年4月8月講座】

山形市 遊学館 3F 研修室(山形市緑町1丁目2-36)

2018年9月2019年3月講座】

アズ七日町4F中央公民館山形市七日町一丁目2-39)


受講料:一般2000円、学生1000円、高校生以下無料


お申し込みフォーム

山形小説家・ライター講座 参加申し込み


お問い合わせアドレス

sakka.naro@r7.dion.ne.jp


講座終了後には、講師先生方を交えた懇親会(会費は受講料とは別途4000円)もあり

※事前申し込みは不要、出欠は当日の講座にて

会場ではわたくし手作りおやつもご用意いたします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20180409

2018-04-08 せんだい文学塾 2018年度スケジュール このエントリーを含むブックマーク

さて、すでに2018年度がスタートしておりますが、ぼくが会長をつとめる「せんだい文学塾」本年度のスケジュールを、こちらでも発表いたします


※以下敬称略

4月21日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

講師中島京子直木賞作家)「小説を書く楽しみ」
樽とタタン

樽とタタン


5月26日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

酒井順子講談社エッセイ賞作家)「エッセイストの悩み」
裏が、幸せ。 (小学館文庫)

裏が、幸せ。 (小学館文庫)


6月23日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

辻村深月直木賞作家)「読むこと、書くことの喜び」
青空と逃げる (単行本)

青空と逃げる (単行本)


7月(休み


8月25日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

三浦しをん直木賞作家)「推敲ポイント
ぐるぐる?博物館

ぐるぐる?博物館


※8月のみ、仙台市市民活動サポートセンター仙台市青葉区一番町四丁目1-3)にて開講

http://sapo-sen.jp/


9月22日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

塩田武士山田風太郎賞作家)&花房観音団鬼六作家

司会・黒木あるじ/「小説家を続けていくこと」

騙し絵の牙

騙し絵の牙

恋塚 (講談社文庫)

恋塚 (講談社文庫)


10月27日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

梯久美子大宅壮一ノンフィクション賞作家)「取材資料探しの方法
狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ



11月24日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

角田光代井上荒野江國香織直木賞作家たち)

「3人の読み方はこんなに違う パート3」

わたしの容れもの (幻冬舎文庫)

わたしの容れもの (幻冬舎文庫)

夢のなかの魚屋の地図 (集英社文庫)

夢のなかの魚屋の地図 (集英社文庫)

物語のなかとそと 江國香織散文集

物語のなかとそと 江國香織散文集


12月(休み


1月26日(土)15時30分開場、16時〜18時開講

平山夢明大藪春彦賞作家

執筆という荒野遭難しない方法


2月23日(土)15時30分開場、16時〜18時開講

熊谷達也直木賞作家

「人はなぜ小説を書きたがる(読みたがる)のか」

浜の甚兵衛

浜の甚兵衛


3月23日(土)15時30分開場、16時〜18時開講

佐伯一麦野間賞作家

「『私』を描くということ」

還れぬ家(新潮文庫)

還れぬ家(新潮文庫)


※やむを得ぬ事情により、講師の顔ぶれは変更になる場合もあります


講座アドバイザー

池上冬樹文芸評論家

会場

8月をのぞき仙台文学館仙台市青葉区北根2丁目7−1)

http://www.sendai-lit.jp/info/access


受講料:一般2000円、学生1000円、高校生以下無料


お申し込み/お問い合わせ

sendaibungakujuku@gmail.com

講座終了後には、講師先生方を交えた懇親会(会費は受講料とは別途4000円)もあり

※事前申し込みが必要

会場ではわたくし手作りおやつもご用意いたします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20180408