男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-06-07 今月の告知 このエントリーを含むブックマーク

映画ベストテン」の続きをやる、と言いつつ諸事情により作業が停まっておりますが、それはそれとして、毎月恒例の告知です。


せんだい文学

  • 6月17日(土)16時開場、16時30分〜18時30分開講

※通常月より一週早めの開講となります

東山彰良(ひがしやま・あきら)先生

 1968年台湾生まれ。第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し、2003年『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(宝島社)でデビュー。2009年『路傍』(集英社)で第11回大藪春彦賞を受賞。

 その他、2014年『ブラックライダー』(新潮社日本推理作家協会賞候補)など著書多数。ほかに翻訳脚本も手がける。

 2015年『流』(講談社)で第153回直木賞を受賞。2016年『罪の終わり』(新潮社)で第11回中央公論文芸賞を受賞した。最新作は『僕が殺した人と僕を殺した人』(文藝春秋)。

僕が殺した人と僕を殺した人

僕が殺した人と僕を殺した人


山形小説家ライター講座

夢枕獏(ゆめまくら・ばく)先生

 作家1951年1月1日神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。 1977年作家デビュー

 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞1998年神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年吉川英治文学賞を受賞。

 漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。

 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

研修室 http://www.gakushubunka.jp/yugakukan/ 

この講座について

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170607

2017-05-14 コマイぬ よみ芝居「あの日からのみちのく怪談」東京公演・女川公演 このエントリーを含むブックマーク

https://image.honto.jp/item/1/265/2798/5537/27985537_1.png

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉 (叢書東北の声)/東北怪談同盟/黒木 あるじ - 小説:honto本の通販ストア


ぼくも一篇寄稿した『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』が、昨年に続いて、「コマイぬ」さんによる朗読劇として上演されます


https://www.comainu.com/next-1/

東京公演

  • 於 喜運寺(文京区)
  • 2017/6/11(Sun) 13:00−/17:00− (開場は開演の30分前)
  • 【料金】前売/当日共通 ¥2,000

小学生以下無料

https://www.quartet-online.net/ticket/michinoku2017

  • 【会場】

〒112-0001

東京都文京区白山2-10-3

都営三田線春日」駅より徒歩11

東京メトロ南北線後楽園」駅より徒歩13分


女川公演

  • 於 照源寺(女川町)
  • 2017/6/25(Sun)14:00− (開場は開演の30分前)

  • 【会場】

〒986-2231

宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜門前62

助成

アーツエイ東北芸術文化支援事業


【出演】

ほか

【デザイン】

EPIGONEN

【協力】

有限会社荒蝦夷 東北怪談同盟 青年団 レトル うさぎストライプ ぷろだくしょんバオバブ さっちんたい 虹艶Bunny キコ/qui-co. 南慎介 石巻かほく 黒色綺譚カナリア派

【問い合わせ】

コマイ

090-4041-8168

info@comainu.com


※昨年の、宮城公演のもようはこちら

D


どうぞよろしくお願いいたします

2017-05-11 「震災と文学――危機の時代に」 このエントリーを含むブックマーク

もろもろお世話になっている(有)荒蝦夷さんからのご案内で、きょうも告知です。


新緑の美しい季節となりました。

本年度の東北学院大学地域共生推進機構連続講座「震災文学――危機時代に」(企画・コーディネート/荒蝦夷)についてご案内申し上げます

第1回(6月2日)は講師赤坂憲雄氏を、第2回(6月30日)は講師熊谷達也氏をお迎えします

どなたでも無料で受講できますので、ぜひお越しください。

6月2日(金)18:00〜19:30

赤坂憲雄学習院大学教授福島県立博物館館長、遠野文化研究センター所長)

東北独立文学論」

あかさかのりお◎。1953年東京都生まれ東京大学文学部卒業。著書に『岡本太郎の見た日本』(岩波書店、第17ドゥマゴ文学賞、第58回芸術選奨文部科学大臣賞、第58回河北文化賞、第13回宮澤賢治イーハトーブ賞)、『異人論序説』(ちくま学芸文庫)、『境界の発生』(講談社学術文庫)、『東西南北考 いくつもの日本へ』(岩波新書)、『東北知の鉱脈』『福島へ/福島から 赤坂憲雄エッセイ集 福島民報〈日曜論壇〉2004〜2013』(共に荒蝦夷)、『震災考 2011.3-2014.2』(藤原書店)、『東北学/もうひとつ東北』(講談社学術文庫)など。

列島語り ―出雲・遠野・風土記―

列島語り ―出雲・遠野・風土記―

6月30日(金)18:00〜19:30

熊谷達也作家

「〈仙河海シリーズ〉第1期を書き終えて」

くまがいたつや◎1958年宮城県仙台市生まれ。東京電機大学理工学部卒業。『ウエンカムイの爪』(第10回小説すばる新人賞)、『漂泊の牙』(第19回新田次郎文学賞、共に集英社文庫)、『邂逅の森』(文春文庫、第17山本周五郎賞、第131回直木賞)のほか、東日本大震災後の架空のまちを描く「仙河海市」シリーズに『リアスの子』(光文社文庫)、『微睡みの海』(角川文庫)、『ティーンズ・エッジ・ロックンロール』(実業之日本社)、『潮の音、空の青、海の詩』(NHK出版)、『希望の海 仙河海叙景』(集英社)、『揺らぐ街』(光文社)、『浜の甚兵衛』(講談社)、『鮪立の海』(文藝春秋)がある。

希望の海  仙河海叙景

希望の海 仙河海叙景


(以下、共通です)

【申込方法

氏名・年齢・住所・連絡先(電話番号メールアドレス)、受講希望日を明記の上、ハガキ、FAXまたはEメールにて下記までお申込みください。

【お問合せ・お申込先】

東北学院大学 地域共生推進課 〒980-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1

TEL:022-264-6562 FAX:022-264-6522 Eメール:kikou@staff.tohoku-gakuin.ac.jp


※第3回目以降は山下祐介氏(首都大学東京准教授)、柳美里氏(小説家劇作家)、三浦佑之氏(国文学者、千葉大学名誉教授)を予定しております(詳細が決まり次第お知らせいたします)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170511

2017-05-10 今月の告知 このエントリーを含むブックマーク

さて、毎月のことですが、「せんだい文学塾」と「山形小説家ライター講座」の告知です。


せんだい文学

熊谷達也(くまがい・たつや)先生

 1958年宮城県出身東京電機大学理工学部卒業仙台市在住。

 関東中学校数学教師を8年つとめた後、宮城県に帰って保険代理店業のかたわら執筆を開始。

 1997年に『ウエンカムイの爪』で小説すばる新人賞を受賞し、小説家としてデビュー

 2000年には『漂泊の牙』で第19回新田次郎文学賞を受賞。2004年には、『邂逅の森』(『相克の森』『氷結の森』と並ぶマタギ三部作の第二部)で、第17回山本周五郎賞と第131回直木賞を、史上初めてのダブル受賞。

荒蝦夷』『光降る丘』『烈風レクイエム』など東北北海道風土に根ざした作風で知られ、『七夕しぐれ』『いつかX橋で』など、仙台舞台にした作品も多い。

 また、オートバイ愛好家としても有名であり、自らロックバンド「K'z」を率いてギター演奏するなど、幅広く活動している。

 東日本大震災以降は、『リアスの子』『微睡みの海』『浜の甚兵衛』など「仙河海市」を舞台にしたシリーズを発表しており、最新作は3月に発売した『鮪立の海』。

鮪立の海

鮪立の海


山形小説家ライター講座

宮木あや子(みやぎ・あやこ)先生

 1976年神奈川県出身。15歳で小説家を志し、2006年『花宵道中』で第5回R−18文学賞大賞と読者賞を受賞し、作家デビュー

 時代を問わず女性の生きる姿を描いて絶大な支持を得ており、2014年から刊行した『校閲ガールシリーズ石原さとみ主演でテレビドラマ化もされ、大ヒットを記録した。

 その他、『ガラシャ』『官能少女』『あまいゆびさき』など著作多数。

 現在文壇において、もっとも注目される若手女性作家のひとりである

この講座について

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170510

2017-05-06 対決映画ベストテン:結果発表 このエントリーを含むブックマーク

3月29日〜4月29日まで募集した「対決映画ベストテン」には、多くの投票いただきまして、ありがとうございました。


今回は「タイトルに対決する両者の名前が明記されている」というルールの縛りがキツかったのか、応募者は31名、挙げられた映画122タイトルと少な目にとどまりましたが、その分、練りに練った投票が目につき、おおいにうならされました。


また、今回も集計作業全面的破壊屋さん(http://hakaiya.hateblo.jp/)に頼ることになりました。ITにうといワスにとって、破壊屋さんのスキル魔法にひとしいほどです。近いうちに手作りニューヨークチーズケーキでもごちそうしたいと思っております



では結果を、1位からドーンと発表していきます


1位:フレディVSジェイソン 78.5点 得票数14


2位:ガメラ2 レギオン襲来  64点 得票数11


3位:ルパン三世 ルパンVS複製人間 59.5点 得票数12

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]


4位:県警対組織暴力 57.5点 得票数

県警対組織暴力 [Blu-ray]

県警対組織暴力 [Blu-ray]


5位:スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 54点 得票数

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Blu-ray]

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Blu-ray]


6位:キングコング対ゴジラ 51.5点 得票数


7位:片腕カンフー対空とぶギロチン 51点 得票数

片腕カンフー対空とぶギロチン [DVD]

片腕カンフー対空とぶギロチン [DVD]


8位:キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 50点 得票数


9位:フランケンシュタイン怪獣 サンダ対ガイラ 49点 得票数


10位:エイリアンVS.プレデター 45.5点 得票数


ホラー映画としてはダメ」と言われることもある『フレディVSジェイソン』ですが、バトル映画としての出来は完璧で、今回は1位を獲得。不死身のジェイソンにも「弱点は水」という設定が加わり、火が弱点のフレディと好対照をなしたのも印象深かったです。


今回の企画では怪獣映画が強いだろう、と誰もが予想していたところですが、このジャンルでは『レギオン襲来』が今回は2位入賞ジャンル最上位となりました。昭和平成の両ガメラシリーズでは『イリス覚醒』が12位、『大怪獣空中決戦ガメラギャオス昭和)』が23位、『ガメラ宇宙怪獣バイラス』が49位、『ガメラ対大悪獣ギロン』『大怪獣決闘ガメラバルゴン』が60位、『ガメラ 大怪獣空中決戦(1995)』が104位(なお、タイトルガメラしか名前が出ていないので本来ルール違反)となりました。


ルパン三世』では、ルール上『カリオストロの城』にも投票可能だったのですが、そちらは得票数2の15.5点にとどまり、『複製人間』がランクイン。カリオストロの影に隠れがちだった本作も、マモーの強烈なカリスマ性もあって根強い人気を誇っています


東映実録路線の中でもソリッドな内容で単体人気の高い(『仁義なき戦いシリーズは票の割れがいつも深刻である)『県警対組織暴力』は、ぐっとくるタイトル訴求力もあって上位ランクイン。


スコット・ピルグリム』の邦題は、公開当時はとやかく言われましたが、まぁ内容を考えればストーリーにもテイストにも合ってるのでいいとしましょう。


ゴジラシリーズは最も票の割れが目立ち、12本もの作品投票分散しましたが、対決映画のはしりといってもいい『キングコング対ゴジラ』が最上位となりました。


11位から下は、こんな結果になっております



期待どおりに、偏差値の低そうな、精神年齢の低そうなランキングができあがりました。その中で50位に入賞した『クレイマー、クレイマー』が放つ異彩は強烈なものがありますね。原題も『Kramer vs Kramer』で、今回のルールにはばっちり適合しているんですけどね。


というわけで、しばらくこのテーマで遊びますので、よろしくお付き合いください。

 

あっちゃん。あっちゃん。 2017/05/21 22:16 なんだあ・・・しばらくこのテーマで遊びますなんてウソつきやがって!
正体は放置プレイじゃないか!