Hatena::ブログ(Diary)

ヒトカゲと一緒に

2017-01-17

7世代シーズン1使用構築(最高レート2070くらい)


ついにポケモンも7世代へと突入。
まだまだ勝手が掴みきれないので、まずは慣れていこうといった感じで適当に数少ない育成済ボックスから寄せ集めて組みました。
構築と呼べるような代物では無いと思うので簡易的に使った個体並びを紹介していきます。

ポケモン性格持ち物技1技2技3技4備考
カプ・コケコ臆病電気Z10万ボルトマジカルシャインボルトチェンジ瞑想エレキメイカー
ガブリアス陽気ヤチェの実逆鱗地震炎の牙剣の舞鮫肌
ボーマンダ陽気ボーマンダナイト捨て身タックル地震龍の舞羽休め威嚇→スカイスキン
ハッサム意地っ張りハッサムナイトバレットパンチ泥棒剣の舞羽休めテクニシャン
カプ・テテフ臆病気合の襷サイコキネシスムーンフォース10万ボルト光の壁サイコメイカー
アシレーヌ控え目オボンの実うたかたアリアムーンフォースアクアジェット滅びの歌激流

★カプ・コケコ★

146(4)-X-105-147(252)-95-200(252)

7世代だしとりあえず使ってみたかった枠1
環境に多いコケコ、メガゲンガーとの同速対決が頻発するので最速。
耐久に振っていないメガガルーラボーマンダメタグロスを上から瞬殺出来るデンキZ搭載。
ポリゴン2が重く、誘うので瞑想で起点にして撃破を目指す。レート上位は瞑想搭載型が多かった印象。
ボルトチェンジ枠はミミッキュの化けの皮を剥ぎながら後続へ繋げたり有用だがテッカグヤガブリアスの並びに強くなれるようにカグヤ対面で使える身代わりで良かったとシーズンが終わって思った。


ガブリアス

183-182(252)-115-X-106(4)-169(252)

7世代でも揺るがぬ地位を維持しているレジェンド枠。
電気の一貫性を防ぎ、コケコのエレキメイカーの催眠耐性と合わせて相手のデンジュモクを見ている。
ヤチェの実で目覚めるパワー(氷)に抗うことで安定感が増す。
テッカグヤを削る為に炎の牙を採用。


ボーマンダ

171(4)-216(252)-150-X-110-189(252)

メガシンカ後の素早さ数値で動けるようになったので非常に強力になった。
スカーフガブリアスのケアが出来るため採用。シーズン最初は舞っただけで勝てたりしたが、流石に後半は全然機能しなくなった。(カグヤとパルシェンが多過ぎて)
炎の牙を採用したかったが、個体調達してる暇が無かった。


ハッサム

177(252)-220(236)-160-X-123(20)-95

・C200めざ炎確定耐え(148〜176)

ミミッキュパルシェンが居る構築にはなるべくこちらを選出する。
シーズン1はまともな炎枠が少なく、活躍しやすいと思っての採用。
特別強いという程でも無いがそつなく仕事をこなしてくれた印象。


カプ・テテフ

146(4)-X-95-182(252)-135-161(252)

7世代なので使ってみたかった枠2.
先制技無効特性の便利さ強さを嫌というほど堪能できた。
スカーフテテフが多く、勝手にスカーフ想定で立ち回る相手が多かったので、自由に動ける型で使いたかった。
最初なのでどう使えばいいかわからなかったので襷を持たせて行動保障を得たら思いのほか強かった。
ヘドロ爆弾を耐えゲンガーを返り討ちにしたり呼びまくるテッカグヤのヘビーボンバーを耐え、10万ボルトで削る。
技スペが一つ余った所に相手のテテフ等の特殊高火力が辛く感じたので光の壁を搭載したが、役立ったシーンは、まあそれなりにあったような無かったような・・・といった具合だった。


アシレーヌ

167(92)-84-123(228)-181(148)-137(4)-85(36)

・A216メガボーマンダの捨て身タックルを15/16耐え
・無振りメガボーマンダ、183-106ガブリアスムーンフォースで1発

美しい人魚王子・。・(御三家の♂♀比率的に♂の方が多いんですよ?)
雨パに強く、オニゴーリへの誤魔化しが出来る。(フリーズドライが痛いけど)
ガルドやポリ2などS実数値80のラインは超激戦区なので気持ち多めに振ってみた。
当初はアシレーヌZで採用していたが、場持ちの良さを優先してオボンを持たせた。
電気へのケアが薄いので選出はやや控えめでしたが要所要所で活躍してくれた。


【総括】

これといった基本選出は特に無いが相手構築に合わせて柔軟に。
初手テテフ+コケコ+メガ枠選出が一番多かった印象。
最高レートは確か2070ちょっとだった。
(最終的には集中力が欠如していき、1940程度までずるずる落ちてしまった;;)
冒頭でも述べたようにボックスにいた個体を並べただけなので、完成度は非常に低いが上手くかみ合えばそれなりに勝てた印象だった。
シーズン2からは過去作が解禁され対策に一層苦慮すると思うが、後悔しないように楽しく取り組んでいけたらなと思います。

2016-05-17

シーズン15最終2103〜ゴツメゲッコウガ入り厨パ〜

こんにちは・。・

今期もどうにか2100までは行けたので構築ラッシュ便乗型更新。


メガガルーラガブリアスボルトロスギルガルドファイアローゲッコウガ

ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ガルーラガルーラナイト秘密の力噛み砕く不意打ちドレインパンチ肝っ玉
ガブリアス気合の襷逆鱗地震岩石封じステルスロック鮫肌
化身ボルトロスラムの実10万ボルト目覚めるパワー(氷)挑発悪巧み悪戯
ギルガルド食べ残し影うち聖なる剣身代わり剣の舞バトルスイッチ
ファイアロー命の珠ブレイブバードフレアドライブ剣の舞追い風疾風の翼
ゲッコウガゴツゴツメットけたぐり悪の波動冷凍ビーム水手裏剣変幻自在

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

レート環境上位に蔓延るガルーラ入りに対して優位に立てるゴツメゲッコウガを中心に後は適当に並べて2日間だけ使った。
それまでは流行りのガルガブボルトゲンガーガッサアローの並びを試していたが、どうしても初手出しジャンケンが苦手で勝ち切るには習練が必要だと感じた為、
手っ取り早く勝てそうな構築に切り替えた。
レートは1800→2100まで上げたところでタイムアップ(計画性が足りない)
正直、突貫で組んだので煮詰められた構築では無いが、今後のサンプルとして考えていきたい発展途中のものだと思っている。



以下、簡易紹介。


メガガルーラ

ガルーラガルーラナイト
185(36)-191(228)-151(244)-X-120-120/意地っ張り
秘密の力、不意打ち、噛み砕く、ドレインパンチ


今年愛用している旧式のABガルーラ
意地っ張りの猫捨て身ガルーラ、耐久調整したガブなどABガルーラメタも色々と増えてはいるので以前よりは使い辛くなった感はあるが、
耐久力を盾にした行動保障は勝ちに繋がることが多く強いと個人的に思っている。
クチートが重いので炎のパンチでも良いが、ゲンガーの迅速な処理優先で噛み砕くを採用。




ガブリアス

ガブリアス@気合の襷
183-182(252)-116(4)-X-105-169(252)/陽気
逆鱗、地震、岩石封じ、ステルスロック


適当にステロ撒いて殴ってれば勝てそうな時はこっちから展開。
最も使いやすい(選出しやすい)襷での採用。
正直、それ以上のことは何も考えていないのでステロが必要かどうかも踏まえて要検討。




ボルトロス

化身ボルトロス@ラムの実
175(164)-X-90-157(92)-100-179(252)/臆病
10万ボルト、めざ氷、挑発、悪巧み


害悪系統構築に強いラム挑発ボルトロス
ボルトロスをこの型にしたことでカバルドン入り構築への勝率が上がり、流行りの剣舞ガッサにも強い。
パーティの勝利に大きく貢献してくれた1匹です。

(ちなみにわざわざ毒毒4回も避けなくても毒ボルトには一応勝てます…)
(あと実際に使った個体はB個体値低すぎてガブの逆鱗耐えません;;)




ギルガルド

ギルガルド@食べ残し
159(188)-100(164)-171(4)-X-172(12)-98(140)/意地っ張り
影うち、聖なる剣、身代わり、剣舞


元々はバトン用の調整の使い回しなので残飯持ってるのにH159だったり一番適当な枠
クレセリアナットレイポリゴン2など厄介な耐久ポケモンに対する切り返しとして採用。
適当に組み過ぎてメガ枠ガルーラしかいないのでゲンガーに変えても特に問題は無いが、ギルガルドでも割と勝てたので結局変えなかった。




ファイアロー

ファイアロー@命の珠
172(36)-146(252)-91-X-89-160(108)/意地っ張り
ブレバ、フレドラ、剣舞、追い風

バシャーモヘラクロスクチートが重いので採用。
珠アローミラーを考慮して出来るだけSを上げてみた。
追い風は剣舞ガッサ使って時の名残で採用していたが、まああって損は無いかなといった印象。




ゲッコウガ

ゲッコウガゴツゴツメット
152(36)-120(36)-116(228)-124(4)-81-184(204)/無邪気
けたぐり、悪の波動、冷凍ビーム、水手裏剣


今回のメイン。
不毛なガルーラvsガルーラの対面にいい加減飽きたのでゴツメゲッコウガで狩りに行く。
大昔に育てた個体なので正直調整は忘れましたが、麻痺と急所さえ引かなければダメージだけならそこそこの乱数で秘密の力+半減不意打ちを耐えます。
HPが45くらいあれば半減不意打ちは耐えれる)
その他スカガブの逆鱗、鉢巻アローのブレバも耐えるので上からの奇襲にも対応出来るのがB振りゲッコウガの強み。

ガルーラヒードラン→けたぐり
ガブボルトガッサ→冷凍ビーム
クレセゲンガーガルド→悪の波動
シャアロー→水手裏剣
スイクン→(あるかもしれない草結びw)

上記の通り厨パに対して非常に技の範囲が刺さるので強かった。




時として適当に組んだだけの構築が案外勝てたり強かったりというのは
ポケモン界ではよくあることで、爆運で勝ったり負けたり一喜一憂もこれまたポケモンなのだなと改めて感じたシーズンでした。
ORAS環境も残りそんなないので最後までそれなりに楽しめたらいいなと思います。

最後にシーズン15で対戦した方々、対戦ありがとうございました。
シーズン16以降もよろしくお願いします・。・

2016-03-20

第2回真皇杯予選使用構築バシャニンフィアバトンラビリンス(オンライン陸の陣2位、ラスチャレ7-4)

久々の更新となります。

今回は各地の真皇杯予選に参加して色々とパーティを使いましたが、
最終的に使用したパーティを公開します。

メガガルーラランドロス(霊獣)ボルトロスメガゲンガーバシャーモニンフィア

ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ガルーラガルーラナイト秘密の力不意打ち噛み砕くドレインパンチ肝っ玉→親子愛
霊獣ランドロスヤチェの実地震岩石封じ叩き落とす剣の舞威嚇
化身ボルトロスゴツゴツメット10万ボルト目覚めるパワー(氷)草結び電磁波悪戯
ゲンガーゲンガナイト祟り目ヘドロ爆弾催眠術道連れ浮遊→影踏み
バシャーモ気合の襷岩石封じビルドアップ守るバトンタッチ加速
ニンフィアオボンの実ハイパーボイス瞑想身代わりバトンタッチフェアリースキン

ABガルーラを使ってみたくて、よくあるガルーラ入りの並びである

ガルーラ
ガブリアスランドロスなどドラゴンや地面
ボルトロス、霊獣ボルトなど電気
ゲンガーギルガルドなどゴースト時々鋼
バシャーモ、アロー、ウルガなど炎系統
スイクンマリルリなど水とかフェアリー

この並びをベースとし、属性だけ変えずポケモンを色々と入れ替えて今回の真皇杯にチャレンジした。
結果は下記の通り。


東海予選、予選6-3抜け→1落ちベスト24 (ガルランドボルトガルドバシャマリルリ
関西予選1、1次予選4-2抜け→2次予選3-2直対負け落ち (ガルランドボルトガルドウルガマリルリ
関西予選2、予選5-2抜け→1落ちベスト32 (ガルガブボルトゲンガーウルガゲッコウガ
ラスチャレ、予選7-4直対負け落ち (ガルランドボルトゲンガーバシャニンフィア
オンライン、合計750ポイント11位 (ガルランドボルトゲンガーバシャニンフィア(※陸の陣のみ。他はメモ無いので忘れた))


ついでに最高レート2128最終2050程度。


成績はどれもそこそこではあるが、あと一歩及ばない辺りまだまだ実力不足であった。(もっとポケモンする時間欲しい;;)




以下、簡単に紹介。



メガガルーラ

ガルーラガルーラナイト
185(36)-191(228)-151(244)-X-120-120/意地っ張り
秘密の力、不意打ち、噛み砕く、ドレインパンチ


秘密の力や陽気猫捨て身ガルーラに抗えるABガルーラ
けたぐりより威力は落ちるが、ドレインパンチを採用することで自身のHPをある程度保ったままガルーラ突破の可能性を秘めており、
耐久に振ったガルーラはけたぐりでも乱数でしか落とせないので、むしろSに振っていないことを利用して後攻ドレインパンチしてた方が安定する。
陽気181-120ガルーラならば捨て身の反動ダメージ+ドレインパンチでも乱数で倒せる。
さらにここまでBに振れば鉢巻ガブリアスの逆鱗すら対面なら普通に耐え、最低限相討ちまで持ち込める。
噛み砕くを入れればゲンガーにも対抗できる。クチートを重く見るならば噛み砕くは炎のパンチでも良い。


ランドロス(霊獣)

霊獣ランドロス@ヤチェの実
187-210-110-X-100-123/意地っ張り※非理想個体
地震、岩石封じ、叩き落とす、剣の舞

いつもの剣舞ランド。
今回は大爆発→叩き落とすに変更しており、爆発による対面性能を下げた代わりに後述のバトン先としての抜き性能を上げた。
たまに剣舞した時点で大爆発を予測し、ゴーストタイプに交代してくる時があるのでそうゆう時は叩き落とすがあって良かったと思う。


ボルトロス

化身ボルトロスゴツゴツメット
185-X-107-145-109-146/臆病※非理想個体
10万、めざ氷、草結び、電磁波

本当は図太い個体が良かったが、持っていないので臆病で代用。折角なので最速マンムーまで抜いた。
・A233フレアドライブ確定耐え
・A182岩石封じ確定2耐え
最低限の物理耐久を確保し、残りはDにとりあえず振ってダウンロード対策。
基本的には電磁波撒きとゴツメによる削りがメインで、マンムーがいるだけで出せないという状況が嫌なので草結びを採用した。
結果としてラグラージに対しての手段が増えたが、挑発や悪巧みが欲しい場面もそれなりにあった。



メガゲンガー

ゲンガー@ゲンガナイト
158(180)-X-115(116)-191(4)-116(4)-193(208)/臆病
祟り目、ヘドロ爆弾、催眠術、道連れ

・A233フレアドライブ14/16耐え

基本選出し辛い時や、勝ち目が薄い時はこちらを選出。
催眠術さえ”当てれば”不利な状況すら打開できる可能性を秘めているが、今回のオフではその真価を発揮することは無かった。
ピクシー重めなので滅びの歌を仕込んでも良かったかもしれない。
よくあるB振りゲンガーのS192を抜くS193に設定してあるのは完全なる趣味。


バシャーモ

バシャーモ@気合の襷
175(156)-182(204)-91(4)-X-93(20)-116(124)/意地っ張り
岩石封じ、ビルドアップ、守る、バトンタッチ

配分はよくある鬼火バシャーモの使い回しだが、襷による1ターンの確実な行動保証があるため正直何でもいい。
ただ強いて挙げるならメガゲンガーのヘドロ爆弾+毒を耐えるのである程度の耐久は欲しいと感じた。
襷+岩技でファイアロー入りにも臆することなく選出出来る。
岩石封じは命中率とS操作を考えて採用した。
基本的には初手選出し、バトンで後続へ繋いでいく。
吠える持ってそうなスイクンがいる時と、バトンが成立し辛いカバルドン入りには選出を控える。



ニンフィア

ニンフィア@オボンの実
201(244)-X-100(116)-150(52)-151(4)-92(92)/控えめ
ハイパーボイス瞑想、身代わり、バトンタッチ

加速したバシャーモからバトンを貰う中継地点。
能力上昇を継承した状態でさらに瞑想身代わりを駆使し、真のエースへとバトンを渡していくのがメインだが、
加速スイクンと同じように自らも詰め筋となりえるし、
ガルーラで相手のガルーラゲンガーを潰してしまえば普通に個別でも戦える。
配分はオボン込みでA182地震を2耐え、2加速で115族抜き。
偶然知っただけなのだがモロバレルクリアスモッグを身代わりが15/16で耐えるので、バレル入りの構築にもバトン選出は可能。



【総評】

対策の薄い構築にはイージーウィン出来るようこちらのやりたいことを押し通すように組んだ結果、
バトン選出不可の時や害悪系統の構築に対するケアが薄くなってしまった為、当たり運に左右されがちなのが難点。
今回は基本属性に忠実に組んだ為、このような形になったが、他にも色々と中身は変えられそう。

苦手な構築は吠える持ちのスイクン入り、カバルドン入りとキノガッサ入り(実は対策してない)害悪系統など
エルフーンも実はパーティ内容的に天敵なのだが、並びだけならエルフーンには強いので出てこないことが殆ど。

主な選出パターン(超ざっくり)

バトンで勝てそうなら
バシャーモ+ニンフィア+ガルーラorランドロス
バシャーモ+ランドロス+ガルーラ

スイクンが吠えてきそうなら
バシャーモ以外の5匹から選ぶ


あと、たまーに両メガ選出して道連れで1匹持っていき、ガルーラで暴れたり
バシャーモを介さずニンフィアボルトゲンガーと特殊勢だけで戦ったりもする。


ろくに煮詰める時間とかも無かったので構築完成度は体感で6割程度だが、ガルーラというポケモンが強すぎたので何とか勝てた印象。
なので今年の真皇杯シーズンは去年よりは全体的に安定してて楽しめました。
プレミも少しずつ減ってきているので、次回の真皇杯こそは本戦行けるように頑張りたいです。
この程度ではまだまだ勝ち足りないですからね…

最後に真皇杯主催陣の皆さんスタッフの皆さん、参加者のみなさん、対戦してくれた皆さん
ありがとうございました&お疲れさまでした。

また次のオフでもよろしくお願いします^^

2015-12-06

第42回委員会オフベスト8〜闇の竹とんぼ(オニゴーリは添えるだけ)〜

今回は第42回委員会オフにて使用した構築紹介。(シーズン12準拠)


メガガルーラクレセリアメガゲンガースイクンボルトロスオニゴーリ

ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ガルーラガルーラナイト空元気グロウパンチ不意打ち地震肝っ玉⇒親子愛
クレセリアオボンの実サイコショック凍える風電磁波瞑想浮遊
ゲンガーゲンガナイト祟り目ヘドロ爆弾催眠術道連れ浮遊⇒影踏み
スイクン突撃チョッキ熱湯冷凍ビーム絶対零度ミラーコートプレッシャー
化身ボルトロス気合の襷10万ボルト目覚めるパワー(氷)電磁波威張る悪戯
オニゴーリ食べ残し氷の息吹絶対零度身代わり守るムラっけ

今回はオニゴーリ入りです。構築はこちらのURLの構築の並びを参考に拝借しました。
http://f1.proxypy.org/o/3531313137312f37312f31312f353130322f7972746e652f6d6f632e676f6c62616e657461682e656b6f706e6173742f2f3a70747468

これまでオニゴーリは一度も使ったことが無くて、シーズン12の構築を色々見て回っていたらオニゴーリ入りで2200到達している構築を発見し、
本当にそんなに勝てるのか、試しに使ってみたいと思ったことがきっかけ。


以下、変更点のみ簡単に紹介。




メガガルーラ

ガルーラガルーラナイト
HA基調/意地っ張り
空元気、グロパン、地震、不意打ち


使ったガルーラは前回記事と同じく鬼火ファイアロー意識で空元気持ち。
ギルガルドが重いと感じたので岩雪崩を地震に変更した。
基本的には1−1以上が取れればいいので、猫騙し型とか他にも色々試してみたい。


クレセリア

クレセリア@オボンの実
HBCS調整/図太い
サイコショック、凍える風、電磁波瞑想


某VLF氏が考案していたクレセリア。こいつも試しに使ってみたかったので試験的に今回の構築にねじ込んでみた。
電磁波や凍える風によるS操作がオニゴーリと相性良さげである。
凍える風でガブリアス瞑想化身ボルトロスとの撃ち合いに強くなるらしい。
サイコショック枠は元々、サイコキネシスだったが、数は少ないもののウルガモスが重い構築なのでショックに変更し、
後出しウルガモス瞑想⇒ショック×2で落とせるようにした。



メガゲンガー


ゲンガー@ゲンガナイト
CSぶっぱ/臆病
祟り目、ヘドロ爆弾、催眠術、道連れ


フェアリーへの打点が少ないので気合玉⇒ヘドロ爆弾(ここの技は好みでもいいと思う)
ガルーラやその他面倒なのを強制的に持っていくために身代わり⇒道連れに変更した。
道連れに変更したことにより催眠運ゲのみならず、確実に標的を狩る戦い方も出来るようになった。
クレセからゴツメを都合上剥奪したのでガルーラはこのゲンガーで処理したい。


スイクン


スイクン@突撃チョッキ
HBC調整/呑気
熱湯、冷凍B、絶対零度ミラーコート


神速を持っている個体がいないので冷凍ビームとした。オニゴーリ出せないときはこっちで絶対零度を撃つ。
やはりウルガモスが重いので、スイクン後出し⇒蝶の舞⇒さざめきかギガドレインが飛んでくるのでミラーコートで処理。
吠えるや絶対零度を恐れて、大抵は普通に殴ってくれるのでこれで何とかなることが多い。


ボルトロス


化身ボルトロス@気合の襷
CSぶっぱ/臆病
10万、めざ氷、電磁波、威張る


気合の襷を盾にして確実に電磁波と威張るを撃っていく確率勝負の申し子。幾度となく窮地を救ってくれた。
襷にすることでこの構築では物理に対しても場合によっては平気で威張るを撃てるようになる。
普通に選出しても強く、オニゴーリゲンガーガルーラどんなポケモンと組んでもシナジーが良い。


オニゴーリ


オニゴーリ@食べ残し
161(44)-X-101(4)-125(196)-102(12)-145(252)/臆病
氷の息吹、絶対零度、身代わり、守る


自身より遅いポケモン殆どを起点に出来るムラッけマンで選出誘導能力が高い。Sか回避が上がれば世界が変わる。
身代わり守るでHPは少なからず減っていくので耐久調整の意義が少なく感じることが多く、よくあるH177の調整ではなく残りをCに回し、火力を増強した。これによりC1段階分くらいは火力が違ってくる。

・C4段階上昇で207-135スイクンを氷の息吹で確定3
・C2段階上昇で215-117くらいのカバルドンを氷の息吹で確定1

引きが良ければ零度を撃たずとも高い火力を得られる可能性を秘めている。
ただ相手のパーティにガルーラニンフィアや滅び持ちなど身代わり貫通手段を持つポケモンが2匹以上いる場合は安易に出さないほうが良い。
逆に言えばそうゆうポケモンがホイホイ寄ってくるのでうまく誘って他で仕留めていきたい。



【総評】

このようなパーティ全体で確率勝負に重点を置いたタイプの構築はあまりメインでは使用したことが無かったが、思ってたよりは勝てた印象。
3体がかりで仕掛けていけばどれかひとつでもこちらに都合のよい確率引いてしまえばかなりアドが取れるので、
結果として勝ててしまうといった感じで、相手からしたら堪ったものではないが、こういった戦法も馬鹿には出来ないなと思った。

使ってて特に重いと感じたポケモンウルガモスキノガッサ催眠ゲンガー、バトン系構築など。
催眠対策を全く施していないので改善するならまずそこらへんからでしょうか


最後にこの構築を使用した主な戦績(といっても15戦しかしてないけど^^)

京大カップ予選3-2(ブロック同率2位3すくみだったがテストの結果で予選落ち)
第42回委員会オフ予選7-1ブロック1位⇒本戦2回戦敗退ベスト8


〜おまけ〜

ところで構築名の「竹とんぼ」元ネタはこれです・。・
http://h-concept.jp/fs/hshop/c/byuun

日常に疲れていませんか?
ビューン

2015-11-18

シーズン12最終2110、ハルカスオフ3位構築〜ガルランド壁クレセ〜


お久しぶりです。記事書くのがおよそ7か月振りw

リアルが忙しかったりPC壊れたりあんまりいい構築作れなかったりで更新サボってましたが、
またちょくちょく更新していこうかと思います・。・
(ついでにデザイン変えてみた。)

今回はあべのハルカスオフ及びシーズン12に使用した構築晒し。

あべのハルカスオフでは予選4−1、2位抜けからのセミファイナル敗退。3位決定戦を制して第3位。
その後、レート1800後半から最終2110まで上げました(徹夜してw)


メガガルーラランドロス(霊獣)クレセリアギルガルドボルトロスファイアロー

ポケモン持ち物技1技2技3技4備考
ガルーラガルーラナイト空元気グロウパンチ不意打ち地震肝っ玉⇒親子愛
霊獣ランドロスヤチェの実地震岩石封じ大爆発剣の舞威嚇
クレセリア光の粘土サイコキネシス三日月の舞リフレクター光の壁浮遊
ギルガルドラムの実シャドークローアイアンヘッド影うち剣の舞バトルスイッチ
化身ボルトロス命の珠10万ボルト目覚めるパワー(氷)気合玉悪巧み悪戯
ファイアローゴツゴツメットブレイブバード鬼火挑発羽休め疾風の翼

〜以下、個別紹介〜

メガガルーラ

ガルーラガルーラナイト
209(228)-194(252)-120-X-120-124(28)/意地っ張り
空元気、グロパン、不意打ち、地震


とりあえず久々にガルーラを使ってみたかった事から採用。
ガルーラの型は色々とありますが、最も強いガルーラは何だろうと考えて後述の壁クレセリアと組み合わせる構成に至った。
一番の特徴は空元気を仕込んでいることで、鬼火アローや、電磁波ボルト、スイクンの熱湯などとにかく状態異常被弾率の高いポケモンなので、
空元気で返り討ちに出来る。ヤミラミゲンガーにはメガ進化せず肝っ玉を利用しての対処が可能となる。(ゲンガーはかなり怪しいけど)

恩返しや捨て身と違い、通常時の火力は乏しいが、壁で耐久値を大幅に伸ばし、グロウパンチしていくことで克服している。
グロウパンチと強力な先制技の不意打ちも抜く理由が見当たらずほぼ確定枠で、残り1枠が自由枠となる。
ここは個人の好みやパーティとの兼ね合いで自由に決めていいのだが、個人的には地震推奨。
クレセリアが誘うクチートギルガルドに刺さる技で、特にレート上位帯はマッチングにもよるが、毒残飯ギルガルドとよく当たる印象だったので
地震が無かったら負けていたという試合は結構多かった。非接触技というのも大きい。

配分はボックスに眠っていた個体を使っただけなので要検討。
SやHのラインはもう少し煮詰める余地があるとは思うが、Sが低くて困るのは使った印象だとせいぜいガルーラミラーのときくらいで、
それよりもH振り+壁であらゆる攻撃を耐えて勝ちを拾ったケースの方が多かった。


ランドロス(霊獣)

霊獣ランドロス@ヤチェの実
187(180)-214(236)-110-X-100-123(92)/意地っ張り
地震、岩石封じ、大爆発、剣舞

※実際に使用した個体はカロスマーク付きの厳選個体のため上記よりも多少甘えた数値してます^−;

〜〜Aライン〜〜
・A214+剣舞+大爆発
⇒HB特化スイクンカバルドンを確1、HB特化クレセリアに213〜251(93.8%〜110.6%)

〜〜耐久ライン〜〜
・A194メガガルーラ猫騙し+捨て身を威嚇込みで高乱数ばかり引かれない限り耐える
・A194メガガルーラの冷凍パンチを威嚇とヤチェ込みで確定耐え
・A200ガブリアスの逆鱗を威嚇込みで2耐え82〜97(43.9%〜51.9%)
・C110スイクンの凍える風ヤチェ込み2耐え、その他大抵のめざ氷確定耐え
・C154までの一致冷凍ビームヤチェ込み確定耐え

〜〜Sライン〜〜
・岩石封じ後にライコウ抜き

ランドロスが誘うスイクンカバルドンクレセリアなどの物理受けを剣舞大爆発で吹き飛ばす最近お気に入りの構成で対面性能が非常に高い。
クレセリアに対しては乱数で耐えられてしまうが、その時はガルーラグロウパンチの的になってもらう。(残りHP14のクレセにグロパン2発で確定)
基本的には初手で置き、クレセ等の物理受けを爆破処理して、ガルーラ展開していく役割集中目的で使うことが多いが、
壁を張ればランドロス自身もアタッカーとして活躍できる。

耐久と持ち物は主にガルーラ対面を意識したもので、最低限1回の行動が保証される。(猫冷Pは耐えないので猫撃たれたら引くのが無難)
ヤチェ持ち利点はガルーラの冷凍パンチを耐えること、
Cの低いスイクンクレセの凍える風を2耐えすることで、爆破処理が狙えることetc…

襷でも似たような戦法は出来るが、より柔軟性がある動きが出来る分ヤチェの方が使いやすい印象。今回は壁も張るので尚更ヤチェで良い。




クレセリア

クレセリア@光の粘土
227(252)-X-189(252)-95(4)-150-105/図太い
サイキネ、三日月の舞、リフ、光の壁

まあこれといった特徴は無い普通の壁クレセなのだが、個体数が極めて少なく意表が付ける。
ガルーラが消耗したらクレセ投げて月光乱舞のついでに壁張るくらいの感覚で使えて、
だいぶ前にも壁クレセを使用したのだが並びでバレない壁構成はやはり非常に強力。
大抵のスタンダード系の構築は壁で差別化を図りアドバンテージが得られるのでこちらに有利に展開出来たように思う。
これまた配分は特に考えていないが、せめてS4振りロトム系列くらいは抜いておいてもよかった。


ギルガルド

ギルガルド@ラムの実
165(236)-222(252)-170-X-170-83(20)/意地っ張り
シャドークロー、アイアンヘッド、影うち、剣舞

フェアリー耐性があり、構築で重めなゲンガーキノガッサに対して対面で強いことから採用。
ゲンガーキノガッサニンフィア辺りが仮想敵なので状態異常に強くなるラムの実を持たせた。
パーティ全体でピクシーに対する有効打が無かったため気休め程度にアイアンヘッドを採用した。


ボルトロス

化身ボルトロス@命の珠
155(4)-X-90-177(252)-100-179(252)/臆病
10万、めざ氷、気合玉、悪巧み

流石にガルーラランドロスだけでは対スイクンが心もとないので電気枠として化身ボルトロスを採用。
見かけ上はバシャやゲンガー等の高速アタッカーを牽制できるが、実は電磁波を採用しておらず、
悪巧み+3ウェポン+珠持ちとかなり強気な構成にしてみた。
有利対面で悪巧みをするだけで、あわよくば3タテしかねない強さを誇るが、
やはり電磁波が無いことからゲンガーがかなり重くなってしまったのは反省点。
気合玉の枠は草結びとの選択肢。命中安定でバンギマンムーを討つなら草結び。ナットレイブラッキーなども考慮したいなら気合玉。



ファイアロー

ファイアローゴツゴツメット
175(172)-103(12)-123(252)-X-90(4)-170(68)/陽気
ブレバ、鬼火、挑発、羽休め

最後に相手の展開阻止、クチート入りやバシャーモジャローダ等に強いファイアローを採用。
スイクンに対してはもう十分にケア出来ているので、HDではなくガルーラなどの物理に強いHBゴツメ持ち。
相変わらずHDアローの数は多いのでアローミラーも有利なケースが多かった。
剣舞などの積み構成では無いが、詰ませ性能が高かったり、後続の起点作成要員ともなれる。





【総評】
構築の経緯としてはガルーラを久々に使い、最大限活躍させたいことから始まった。
当初はカバルドン対策目的だった剣舞爆破ランドロスが相手の物理受けを誘い崩壊させる所謂役割集中に適していて、ガルーラと相性がいい事に気付き、ランドロスによる役割集中、更にクレセリア月光乱舞展開に+αとして壁ギミックを仕込み、この3体が基本軸とした。
それから割と突貫で、残り3枠を積みサイクル系統を中心に決め、全体的にかなり攻撃的な構築となった。

基本的な選出はガルーラランドロスクレセリアの3匹。この3匹を普通に選出出来た時が一番強く、初手はランドロスを出すことが多い。
ゲッコウガ入りなど一部の受けにくいポケモン入りの構築には初手からクレセを投げて壁展開していくこともある。
ランドロス展開し辛かったり壁展開しなくてもよさそうな時などはアローで起点作ったり、残り枠で積みサイクルしたりする。

苦手なポケモンキノガッサゲンガー。対抗手段がやや薄く、特にゲンガーは相手の構成やプレイングにかなり依存するので安定した処理が難しいポケモンだと感じた為、改善が求められる要素だと思う。ゲンガー入りに対する勝率だけは他の構築と比べると低かった。
キノガッサに関してはあまりマッチングしなかったことと、マッチングしたとしても選出されないケースも割と多かったのでかなり甘えている。が実際出されると非常に面倒である。

突貫で組んだ割にはガルランドクレセの新たなシナジーを発見出来たり収穫があった反面、これで完成形だとは思ってなくて、残り3枠はかなり適当に決めたのでまだまだ煮詰める余地があるが、今回はこれはこれでひとつの形として残すことにした。
なんかいい案が浮かんだその時はまた使う時がくるかもしれませんね^^

それではまたシーズン13やオフ会等でお会いしましょう。