アカザ

(動植物)
あかざ

学名:Liobagrus reini
環境省の絶滅危惧2類に指定されているナマズの仲間。


関連語 リスト::動物 リスト::魚類

アカザ

(動植物)
あかざ

 アカザ科を代表する植物。穂の先端が赤くなる種類をアカザ(赤座)、白くなる種類をしろざ(白座)という。若い枝は、シュウ酸を抜いて、食用にできる。
 アカザ科の植物には有用なものが多い。ほうれん草、オカヒジキ、フダンソウ、ビーツ、ほうき草(コキア:トンブリの材料)、キヌアなど。


関連語 :植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ