アマミノクロウサギ

(動植物)
あまみのくろうさぎ

アマミノクロウサギ【奄美の黒兎】:Pentalagus

ウサギ目ウサギ科アマミノクロウサギ属(1属1種)。
絶滅危惧種

学名、英名

学名:Pentalagus furnessi
英名:Amami rabbit, Ryukyu rabbit

生息地

日本の奄美諸島の二つの島(奄美大島と徳之島)に生息。良く茂った森林に棲む。

特徴

かつて日本ではムカシウサギ亜科に分類されていたが、どうも根拠はないようだ[URL]。
体長41.8〜51cm、耳長4.1〜4.5cm。
体毛は厚く、毛深い。背面は暗褐色、腹面はより赤みを帯びる。

関連キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ