ティファニーで朝食を

(映画)
てぃふぁにーでちょうしょくを

リスト::外国の映画::題名::た行
Breakfast at Tiffany's

1961年 アメリカ映画(原作はアメリカの小説家トルーマン・カポーティによる中編小説)

日本では「ローマの休日」とならんで人気の高い、オードリー・ヘプバーン主演映画。オードリーが演じるホリーがティファニーのショウ・ウィンドウの前でポケットから取り出したデニッシュをかじるシーンや窓辺で名曲「ムーン・リバー」を歌うシーンはあまりに有名。ヘンリー・マンシーニの音楽が全編を切ない甘さで美しく包みます。1962年アカデミー賞劇・喜劇映画音楽賞・主題歌賞受賞、主演女優賞、脚色賞、美術監督装置賞(カラー)ノミネート。

出演 ()内はDVD吹き替え版の声優

  • ホリー……オードリー・ヘップバーン(池田昌子)
  • ポール……ジョージ・ペパード(野沢那智)
  • 2E…………パトリシア・ニール(沢田敏子)
  • ドク………バディー・エブセン(山野史人)
  • O・J………マーティン・バルサム(稲葉実)
  • ホセ………ジョーズ・ルイス・デビラロンガ(田原アルノ)
  • ユニヨシ…ミッキー・ルーニー(辻親八)
  • メグ………ドロシー・ホイットニー(雨蘭咲木子)
  • サリー……アラン・リード(村松康雄)

内容紹介

舞台はNY。宝石店ティファニーに憧れ、ショーウインドーの前でパンをかじるのが大好きなコールガールは、人なつこくてかわいい女性。同じアパートに越してきた青年作家は、そんな彼女に次第にひかれていくが、彼女には秘密があった…。
コールガールを演じても下品にならない、オードリー・ヘップバーンのキュートでエレガントな魅力が絶品だ。ジョージ・ペパードも、いかにも人のよさそうな好青年ぶりで、ヒロインに振り回される役がピッタリだ。原作はトルーマン・カポーティ、監督は『ピンクパンサー』シリーズでおなじみのブレイク・エドワーズ。エドワーズ監督の軽妙なタッチと、オードリーの都会の妖精のような、ふんわりとした軽やかさがマッチした、心地よいラブストーリーだ。(斎藤 香)

関連話題

  • 自分の主演映画の中でオードリー自身のもっとも好きな映画であり、いちばんのお気に入りの役。このときオードリー32歳。コールガールのホリーを演じるのは難しくニューヨーク街頭ロケなど苦労も多かった。しかし、ホリーの孤独な生い立ちが彼女の境遇と重なっていたこと、ラストシーン、タクシーの中でジョージ・ペパード(ポール)がホリーへ言う台詞に対しオードリー自身に言われたように感じるところがあったことなどから、次第に役に入り込んでいく。この映画のホリーによって、オードリーはそれまでの若く清純な女優から役の幅を広げ大女優としての地位を確立することになった。
  • カポーティの原作と映画とでは結末が大きく違います。
  • ホリーと同じアパートに住む「日本人」ユニオシ氏(ミッキー・ルーニー)。変すぎる。がっくり。
  • 日本では、2008年2月に村上春樹による新訳が新潮社より出版

関連語

ロマンティック・コメディ ロマンス映画

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ