ヌーヴェル・ヴァーグ

(映画)
ぬーう゛ぇるう゛ぁーぐ
  • 1950年代末から60年代初めにかけてフランスで起こった映画運動。Nouvelle Vague
  • 1951年に創刊されたフランスの映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」の批評家として活躍したジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらは、映画はスタジオやプロデューサーのものではなく監督のものであると考えるいわゆる「作家主義」を提唱し、ハワード・ホークスやアルフレッド・ヒッチコックたちを積極的に評価した。また、ジャン・ルノワール、ロベルト・ロッセリーニらを高く評価した。
  • こうした批評活動の延長として、助監督などの下積みを経ずに自分たちで映画を作り始めた。彼らの多くは古典文芸的な脚本を否定し、屋外撮影を好み、俳優に自然でリアルな演技を要求した。マルセル・カルネ、クロード・オータン=ララら脚本や演劇的写実主義を重視するフランスの古典映画の巨匠を否定し、実体験を反映させた『大人は判ってくれない』や、ハリウッドの低予算犯罪映画の意匠を借り『勝手にしやがれ』『ピアニストを撃て』といった自由で創造的な作品を作り出し、フランス映画界のみならず、世界各地で世代交代の進む映画界に大きな影響を与えたが、スタジオシステム外からの青年映画監督の商業映画デビューのブームは1年あまりで退潮した。

主な作品

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ