Hatena Blog Tags

ヘロデ王

(一般)
へろでおう

ユダヤの王。「王様としての聖者がまもなく生まれる」と聞き、出生した男子を殺すなどしたが、その聖者イエス・キリストは生き延びた。継娘はサロメである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

イエスが生まれたとき、東方から三人の賢人が現れ、黄金、乳香(ニュウコウ)、没薬(モツヤク)を幼子イエスに捧げた」(マタイの福音書2章11節)とあります。 生まれたばかりのイエスには輝く黄金が必要なのです?。またバイブルには(与えるのは受けるより幸いである!)とあります。「供養し給たもういづれも・いづれも功く徳どくに・ならざるはなし」(御書1098ページ)等と、尊とうとき志が必ず福ふく徳とくとなると教えられています。神仏に仕える人はお金が必要なのです。常識、お金を出すものがサービスを受けるのではなく。宗教は

冒頭の質問ですが、産まれたばかりのイエス様に黄金は必要ありませんでしたが、その後のイエス様のたどった道を鑑みると、そのような高価な贈り物が、イエス様を救ったことが分かります。 当時のユダヤの王、ヘロデ王は聖書の預言の意味を理解したので、王となるべく産まれたイエス様を赤ん坊の内に殺そうとしました。 しかし、そうなる前にヨセフとマリヤに夢でお告げがあり、エジプトにしばらく逃げるようにと警告を受けました。おそらく二人はそれほど金持ちでは無かったと思われますので、そこで過ごす滞在費として、黄金は使われたと考えられます。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/q…