世界の七不思議

(一般)
せかいのななふしぎ

ピラミッドバビロンの空中庭園、ロードス島の巨像、アレキサンドリア灯台他、地中海東岸の古代世界で驚異と考えられていた、7つの巨大建築物。

古代の世界の七不思議

紀元前200年ごろ、古代ギリシアの数学者フィロンが提唱した世界の七不思議は以下の七つ。世界の七不思議としては最も一般的な定義である。現存するのはギザのピラミッドのみ。

  • ギザのピラミッド
  • バビロンの空中庭園
  • アレクサンドリアの大灯台
  • ロードス島の巨像
  • オリンピアのゼウス像
  • エフェソスのアルテミス神殿
  • ハリカルナッソスの霊廟
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ