中央卸売市場

(社会)
ちゅうおうおろしうりしじょう

中央卸売市場は、卸売市場法に基づき、農林水産大臣の指定する開設区域内に、農林水産大臣の認可を受けて、都道府県または人口20万人以上を有する市が開設する生鮮食料品等の卸売市場。
開設主体は、地方公共団体に限定され、農林水産大臣の監督(立入検査、改善命令、業務停止命令、認可取消等)もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ