中部縦貫自動車道

(地理)
ちゅうぶじゅうかんじどうしゃどう

松本JCT−飛騨清見JCT間と、白鳥IC−福井北JCT間を結ぶ高規格幹線道路。現在、中ノ湯IC−平湯IC間の安房峠道路区間・高山西IC−飛騨清見JCT間の高山清見道路区間・白鳥IC−白鳥西IC間の油坂峠道路区間・永平寺西IC−松岡IC間の永平寺大野道路区間がそれぞれ供用されている。
全線が一般国道158号に指定されている。「中部縦貫道」。
全通すれば、北陸と東京とを結ぶ最短ルートとなる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ