伏見区

伏見区

(地理)
ふしみく

京都市の行政区の一つ。京都市の南部に位置する。
昭和6年(1931年)、伏見市および周辺の町村が京都市と合併し、伏見区となる。
京都市南部に位置し、鴨川・宇治川に囲まれた平野部や、桃山丘陵、山科川下流域(醍醐・日野など)といった広いエリアを区域としているため、市内最大の約28万6千人の人口を擁する。
平安時代より京都の南の玄関口として栄える。現在も、国道1号線、名神高速京都南インターなど交通の要所である。


伏見稲荷大社、醍醐寺といった名所・旧跡のほか、京セラ本社、京都競馬場など様々な顔を持った行政区である。
日本酒生産量は全国第2位の生産量で、月桂冠、黄桜酒造、宝酒造などが有名。

ネットの話題: 伏見区

人気

新着

新着ブログ: 伏見区