吉田剛

吉田剛

(映画)
よしだたけし

脚本家。作家。映画監督。

1935年3月2日生まれ。大阪府出身。

松竹大船撮影所に入社後、助監督等で野村芳太郎、山田洋次らに師事。同期には前田陽一。

良くも悪くも、得意分野がはっきりし、作品全体の方向性に強い影響力をもたらす脚本家。

テレビ時代劇『必殺シリーズ』では中心的な役割を担い、映画版を含め数多くの脚本を執筆。『必殺!主水死す』では中村主水の最期を描いた。

70年代から90年代にかけて数多くの時代劇作品を執筆するが、時代劇ファン(特に必殺シリーズのファン)からは酷評を受けることがが多い。しかしながら、視聴者の人情面に強く訴える作劇や、『江戸川乱歩美女シリーズ』等で見せるミステリー作品においては一定の評価を得ている。

1992年には、野村芳太郎が長年構想を練り製作総指揮を務めた『復活の朝』で監督デビューを果たした。

代表作

映画

脚本
  • コント55号と水前寺清子の 神様の恋人
  • 必殺シリーズ
    • 必殺!
    • 必殺!ブラウン館の怪物たち
    • 必殺!5 黄金の血
    • 必殺!主水死す
  • 敦煌
  • 伊能忠敬 子午線の夢
監督
  • 復活の朝

テレビドラマ

脚本

吉田剛

(スポーツ)
よしだたかし

プロ野球選手(内野手)・解説者。
1966年11月28日生まれ、茨城県出身、右投右打。
現役時代は主に遊撃と二塁手を守り勝負強い打撃と堅実な守備で活躍。
2000年7月19日の対巨人戦では延長10回に桑田真澄からサヨナラ安打を放ち、16年前の夏の甲子園の決勝を再現した。
2001年に現役引退し、その後はラジオ大阪の野球解説者を務めながら大阪市中央区にある「豚肉料理 吉田」のオーナーもしていた。
2007年11月15日に道路交通法違反(無免許運転)の現行犯で逮捕された。

経歴

年度 所属 背番号 備考
1982-1984 取手第二高校 - 甲子園出場あり。3年夏に優勝
1985-2000途 近鉄バファローズ 48→0→8 1984年ドラフト1位
2000途-2001 阪神タイガース 17 吉田、西川慎一⇔杉山賢人の交換トレード

応援歌

近鉄バファローズ時代の応援歌にはナムコのゲーム「スカイキッド」のBGMが使われた。

リスト::野球選手

新着ブログ: 吉田剛