多汗症

(サイエンス)
たかんしょう

汗が多く、時にはぽたぽたとしたたるほど出る病気。
この病気には全身多汗症と局部多汗症がある。
生死には関わらないが、本人のトラウマになったり、いじめに遭う場合が多い。

全身多汗症とはその名称のとおり、全身から異常な量の汗が出る。
局部多汗症とは主に掌、腋の下、足の裏などの箇所で汗が出る。掌だけという場合も有るのだがたいていの場合は併発的に汗が出る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ