安藤礼二

安藤礼二

(読書)
あんどうれいじ

多摩美術大学美術学部芸術学科准教授、多摩美術大学芸術人類学研究所所員、文芸評論家

1967年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部考古学専修卒業。「神々の闘争 折口信夫論」で2002年度「群像」新人文学賞評論部門優秀作受賞。
民俗学者で歌人の折口信夫の全集未収録の短歌2首や、折口の同性の恋人・藤無染(ふじむぜん)の翻訳が掲載された同人誌(「仏教青年」)を発見した。
新資料は「群像」(講談社)の2005年7月号に掲載されている。
資料は(1)「夷曲」飛鳥造酒(折口信夫)、(2)「外国学者の観たる仏教と基督教」無染生(藤無染)、(3)「目無しの太子」夢禅訳(藤無染)併せて安藤礼二による解説論文「虚空の曼陀羅−折口信夫新発見資料解説」も掲載されている。
この発見に対して、東京新聞6月11日付夕刊の「大波小波」(匿名)で「安藤礼二の<勇み足>」なる批判が提出された。
その見解への反論を含む「身毒丸変幻−折口信夫の「同性愛」」が「群像」(2005年9月号)に掲載されている。
河出書房新社「KAWADE道の手帖」シリーズの以下のものにインタビューや論考などを寄せている。
『空海 世界的思想としての密教』(asin:4309740081)、『西田幾多郎 永遠に読み返される哲学』(asin:4309740022)、『鈴木大拙 没後40年』(asin:4309740111)、『埴谷雄高 新たなる黙示』(asin:4309740138)、『種村季弘 ぼくたちの伯父さん』(asin:4309740065)など。

単著:
『神々の闘争 折口信夫論』(2004年 講談社)
−芸術選奨文部科学省大臣新人賞(第56回、2006年)*1

神々の闘争 折口信夫論

神々の闘争 折口信夫論

『光の曼陀羅 日本文学論』(2008年 講談社)
−大江健三郎賞(第3回、2009年) 伊藤整文学賞 ( 第20回、2009年)
光の曼陀羅 日本文学論

光の曼陀羅 日本文学論

編著:『初稿 死者の書』(2004年 国書刊行会)
初稿・死者の書

初稿・死者の書

ネットの話題: 安藤礼二

人気

新着

新着ブログ: 安藤礼二