Hatena Blog Tags

宗教戦争

(社会)
しゅうきょうせんそう

宗教上の対立が原因もしくは主因とみなされる戦争。

多くの場合、他の政治的・経済的な対立も原因として存在していることが多い。
が、だからといって逆に現代的に解釈して、「宗教対立は名分に過ぎない」と断定するのも、それはそれで誤断に通じやすい道である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

柳生本文

さて僕は宇宙戦艦ヤマトに夢中になり、戦争物語に憧れ高校生の頃太宰治に衝撃を受けて作家を目指し地獄ものという文学作品に夢中になりましたが地獄や戦争物に平和や天国というハッピーエンドがなくしかも戦争や地獄に見えるものが戦争でも地獄でもない究極のハッピーエンドを描きたい。例えば殺人事件や犯罪を完璧に防ぐ完全無欠の名探偵です。僕はミステリーも読んでましたが、ミステリーは基本大嫌いでした。それはことごとく名探偵と呼ばれる連中が犯罪や殺人一切防げずに本当に意味でハッピーエンドが一切ありません。 これから私は一切の存在、世界、全体、全部、全数列、全言語、全情報、全物質、全観念、全身物質、全知性、全社会、全価…

柳生結界

私は思ったこの世には部分理論、全体理論、完全理論、超越理論がある。この正しく超越した馬鹿で無限的に阿呆な認識の元に、合気を目的に部分合気、全体合気、完全合気、超越合気、別名馬鹿合気、無限的な阿呆合気に至る道が道であり正義であるーこの完全な目標の元に超越戦略、完全戦略、全体戦略、部分戦略を達成した。おそらくこの世界の神ヤハウェやブッタ、孫子、ロスチャイルド、ガンジー、イエス、マホメットの全てがまず超越に至らなかった存在ヤハウェは無意識では超越ではあるが意識では完全以上にはなれず、また教育という面ではこれらの存在は一切完全理論を達成できず、この世は全体存在ではあるものの、完全存在ではなく存在神ヤハ…