新体詩

(読書)
しんたいし

明治期に作られた文語定型詩。1882年(明治15)刊行の井上哲次郎・矢田部良吉・外山正一の『新体詩抄』に始まる。それ以前は、詩といえば漢詩を意味したが、西洋のpoetryに相当する日本の新しい詩歌として作られた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ