春秋戦国時代

(社会)
しゅんじゅうせんごくじだい

紀元前770〜紀元前221年
春秋時代と戦国時代をまとめてこう呼ぶ。
東周時代とほぼ一致する。


春秋時代は周の東遷をもって始まり、100を超える数の小国家が互いに争った。
比較的大きな国としては、晋・斉・秦・楚・燕・魯・衛・曹・宋・陳・蔡・鄭・呉・越があった。
紀元前403年、大国だった晋が韓・魏・趙に分裂し、これ以降を戦国時代と呼ぶ。


戦国時代は「戦国の七雄」と呼ばれる七大国(斉・楚・秦・燕・韓・魏・趙)が覇を競い、激しい争いを繰り広げる。
最終的に、秦が史上初めてとなる中国の統一を達成した。

時代区分等

西周→春秋時代→戦国時代→秦王朝

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ