水戸の梅

()
みとのうめ

水戸名物の和菓子。水戸の和菓子店「井熊總本家」が元祖といわれる。白あんを求肥でつつみ、さらに蜜でつけた梅の葉で包んだもの。

明治時代の県令安田定則の奨めにより
 井熊總本家初代・小林熊次郎が、偕楽
 園の梅の実を精選し創製いたしました
 白小豆餡を求肥で包み、さらに蜜漬にし
 た、しその葉で包み仕上げてあります

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ