瀬々敬久

瀬々敬久

(映画)
ぜぜたかひさ

映画監督脚本家演出家
1960年(昭和35年)5月24日、生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。
自主制作映画『ギャングよ、向こうは晴れているか』等で高い評価を受け、ピンク映画に助監督として参加する。
1989年『課外授業・暴行』で商業映画デビュー。以後≪ピンク四天王≫の一人として活躍、圧倒的な支持を受ける。ロッテルダム映画祭、ヴィエンナーレ映画祭等で上映され、海外でも高い評価を得る。
1997年『KOKKURI こっくりさん』『黒い下着の女 雷魚』で、一般映画に進出。
1998年『冷血の罠
2000年『HYSTERIC
2001年『RUSH!』『トーキョー×エロティカ
2010年『ヘヴンズ ストーリー
2011年『アントキノイノチ
リスト::映画監督

新着ブログ: 瀬々敬久