療育

(一般)
りょういく

発達障害のある子供の社会的自立生活に向けて援助すること。この語を考えた高木憲次によれば、現在のあらゆる科学と文明を駆使して障害児の自由度を拡大しようとするものであり、可能性の追求である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ