経営統合

経営統合

(一般)
けいえいとうごう

複数の会社が経営母体を統合すること。
多くは、持株管理会社を設立し、持株会社は両社の株式の全部を保有し、両企業の事業活動を統制する役割を担う。両企業の対等な状態を表す。

後に両社の枠を越えた事業の再編や企業の合併(吸収)に至ることもあるが、当初から組織、資本共に統合する「企業合併」とは意味合いが異なる。

経営統合の形態

  • 合併
    • 複数の会社が1つの会社になること。吸収合併・新設合併に分かれる。
  • 持株会社
    • 複数の会社が持株会社を作り、持株会社の子会社になる。
  • 子会社化
    • 親となる会社が子となる会社の株式の半数以上を保有し、親→子への経営の支配関係が生まれること。
  • 資本提携
    • 企業同志がお互いの株式を保有し合い、協力体制を持ちつつも、両者が独立した経営を行う関係のこと。

ネットの話題: 経営統合

人気

新着

新着ブログ: 経営統合