行動経済学

(社会)
こうどうけいざいがく

行動経済学:
人間の経済行動を心理学的側面から分析する経営、経済学の一派。
2002年ノーベル経済学賞を受賞したカーネマンの理論で有名になる。
従来の経済理論であった「効率的市場仮説」*1とは異なり、人間が不確実性下では合理的な判断をするとは限らないという点に対する分析を行っている。

*1:すべての利用可能な情報は瞬時に価格に織り込まれる

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ