走れメロス

(読書)
はしれめろす

太宰治、中期の小説。『新潮』(1940年5月号)に初出し、単行本『女の決闘』(1940年6月)に初めて収録された。1955年に初めて採択されて以来、教科書の安定教材としても君臨する。実際、現行の中学の国語教科書5社すべてがこれを採用している。親友のセリヌンティウスを助けるためにメロスが全力疾走する友情の物語ということになっており、たしかに多くの読者を感動させてきたことは事実であるけれども、他方で単なる美談であるという意見には少なからず疑義も提出されている。なお「走れメロス」は太宰治のオリジナルではなく、ヒギンの寓話とシラーの「人質」(小栗孝則訳)という譚詩をもとにして書かれたということが今日では明らかになっている。



走れメロス (新潮文庫)

走れメロス (新潮文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ