音羽の滝

(地理)
おとわのたき

清水寺の奥の院の建つ崖の下にある3つの滝。
清水寺の寺名の由来にもなっている。
古来から「黄金水」「延命水」等と呼ばれ、清めの水として尊ばれている。
参拝客は柄杓に清水を汲み、その水を飲む事ができる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ