Hatena::ブログ(Diary)

たつさんのはてながき 第三期 Twitter

2017-02-26

.NET Frameworkでも多言語表示してみた

海外からリクエストがあったので、フォルダ同期ツールMulSyncを多言語対応してみた。

複数言語表示は以前、Win32VC++で書いているMeiryo UIも大っきらい!!でやったことがあるのだが、その時と比べるとプログラミングは全く簡単だった。

今回は.NET FrameworkWindows Formsでの挑戦となるのだが、Win32VC++でやった時と比べると実に楽だった。

GUIデザイナーで既定の言語に英語書いて、フォームのLanguageプロパティを切り替えて日本語にしてから日本語を書くだけで言語に応じて文言切り替えてくれるし。表示する文字列はResources.(ja-jpなどの言語名).resxという名前でリソース作ってソリューションエクスプローラーのPropertiesの下に移動しておき、リソースから読み込めばあとは勝手にやってくれるしとヘルプ以外はいろいろとそろっているので本当に楽なものである。

言語リソース読み込みとか文言切り替えとかWin32では自分で書いてたことを思うと全くもって楽なものである、今回はC#なので文字列の扱いも楽だし。

続きを読む

2017-01-15

RunWithSize Version 1.0.2をリリースしました

 題名通り、RunWithSize Version 1.0.2をリリースしました。

 今回は、いつもFirefoxを右端に置いているのできっちりと右端において起動したかったということと、VMWare Workstation Playerを起動するときにやたら大きいサイズで起動してもしょうがないということで、起動位置の右端、下端の指定と幅・高さの指定の省略機能を付けました。

 あれ?幅・高さの指定を省略するとソフトウェアの名前と動作が違ってくるなぁ。まあ、いいか。

続きを読む

2017-01-03

書初め

もう3日ですが、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

ということで、今年の書初めは新作(と言っても小さなツールだけど)Windows用のプログラムを指定したサイズ、場所で起動するツールRunWithSizeを新しく公開しました。

昨年大みそかに大掃除していて、弟が使わなくなって捨てた1024*768ドットの液晶モニタをサブディスプレイにしたら動画サイト見る時など便利かなということで押し入れから出してきたのはよいが、ウインドウを小さくしたり、移動したりするのが面倒ということでベクターあたりを探したけど、見つけることができなかったので作ってみたというのが作ったきっかけだったりします。

続きを読む

2016-12-30

旅の思い出は取り込んでおこう

12月30日になってようやく年賀状を作った。

せっかく、複合機の電源を入れたのでかつて旅行に行ったときの入場券とかを取り込んでみた。

この手の入場券もまた、旅の思い出になるのだが、感熱紙を使っているものについてはぎりぎり文字が見えるくらいまで印刷が劣化していたものもあって、さっさと取り込むんだったなと思ったしだいである。

入場券の印刷には感熱紙は使って欲しくないものだ。

2016-12-25

GitHubはじめました。

KDDIによるビッグローブ買収のニュースを聞いたときに、Webページを置いている@niftyについても買収を検討しているというニュースがあったので、どうしたものかとTwitterで言っていたらGitHubとか検討するのも良いんじゃというレスがあり、自分の作ったものを置く拠点は多い方がよいだろうと思っていた。

それとは別に、本業の方でgitを使うという話が出ていて慣れようと思ったのと、Meiryo UIも大っきらい!!の国際化にあたって、ソースを開かれたところに置いておいた方がOSの言語の自動判別部分を作るのに有利かなという思いがあった。という訳でGitHubアカウントを作ってみることにした。

とりあえず、@ITの記事はじまりはいつもプルリク? GitリポジトリホスティングサービスGitHubとはを見て、アカウント作って、Windowマシンで行う git-svnでのSubversionからGitへの移行方法を見て、ソースをMIT LicenceにしているMeiryo UIも大っきらい!!とRe-Metricsのソースを公開してみた。

やり方は、先ほど挙げたページの通りだが、タグの移行についてはVisual Studio 2015 Update 3で入れたGit for Windowsでは

$ git branch -r | egrep --text "tags/" | cut -d / -f3 | xargs -iVAR git tag VAR origin/tags/VAR

とcutコマンドで切り出すフィールドの位置とタグ作成のコマンドを調整する必要があった。

今後、使われるかどうかはわからないが、オープンソースにできるものは出していって使ってみようと思う。

2016-12-18

Linux暮らしをしてみる

本業でLinuxを扱うことが増えそうなので、Linuxに慣れるため今日はLinux暮らしなんてしてみる。

マルチブートは何かと面倒なので、VMWare Workstation Playerに仕事で使うことになる64bit Ubuntu入れて併用する方向で進めることとする。

まずは、マウスの進む・戻るに使う5ボタンを使えるようにするため、拡張子.vmxの仮想マシンの設定ファイルにこれを書く。

mouse.vusb.enable = "TRUE"
mouse.vusb.useBasicMouse = "FALSE"
usb.generic.allowHID = "TRUE"

なんでこれ標準になってないんだろう。

今回は、ネットワーク設定をNATにしてブラウザアプライアンス的に使うのではなく、ある程度、本格的に使うのでSophos AntiVirusも入れてみる。

ブラウザFirefoxがあるので問題なし。ブックマークなどはスマートフォン用にFirefox Syncを使うようにしているプロファイルがあるので、これを使うことにする。

こづかい帳もLibreOfficeがあるので、このへんは問題なし。

メールは、持っていくのが面倒なのでこれについてはホストのWindowsで処理することにする。

ファイルは、ホストマシンに共有フォルダを作っていたのでそこにファイルマネージャからアクセスしたり、SSHサーバー入れてファイル送れるようにしたのでこれも問題なし。

音楽聞いたり、写真見たりというところではアプリに慣れない・知らないことがあるのでこのへんはWindowsでよいか。

文字の綺麗さではWindowsFirefoxも縦横両方向のサブピクセルレンダリングを有効にして、ClearTypeレベルを上げ、ガンマ値を下げるとそれなりのところまでは持っていけるのだが、全体の自然さ、アプリの対応と言ったところではLinuxの方が数枚上手という感じである。

文字の綺麗さなどを考慮するとライトユースだったらLinuxの方が案外良いのかもと思ったりする。PCとしては寂しいところではあるが。

まずは、Linuxに親しむことかな。

BookSync Version 2.10.4をリリースしました。

すっかり昨日のことになりますが、BookSync Version 2.10.4をリリースしました。

今回はIE関連のバグ修正がメインで、経緯は掲示板にある通りです。

フォルダ内のブックマークが多い時の強制終了についてはIEブックマークの並べ順を管理するレジストリに書き込む領域が足りなくなった時に領域を再確保するところでせっかく確保した領域を使うのを忘れていたというなんとも情けないミスだったりします。

普段使いではフォルダ分けをきっちりとしていて、フォルダ内のブックマークがそう多くなかったたので気づかなかった訳で、大量のデータは試験データを作るのも扱うのも難しいものだと思った次第です。

IEの文字数についても同様で深い階層に長いブックマーク名は見づらいので普段使いではそれほどなかったので、なかなか見つからなかった上、他のブラウザブックマークの長さをIEブックマークの長さに切り詰めるところとIEのお気に入りに書き込むところで二重に文字数のチェックをしていたのでそこでの整合性を取るのに苦戦しました。

というわけで、今回は大量・長い文字列への対応の難しさを実感させられたバージョンアップとなりました。

2016-11-27

MulSync Version 1.3.0をリリースしました。

MulSync Version 1.3.0を本日リリースした。

設定項目が増えているので、区切りとしてマイナーバージョンを上げてみたけど、バージョンアップ項目を文章にしてみると一文で終わってしまう。

サブフォルダを同期しない設定を追加したという一文で終わりである。

今回のバージョンアップのきっかけはノートパソコンの老朽化による使い方の変化からである。

持っているノートパソコンが古びてきたのでファイルの置き方を変えたのだが、その際にフォルダの中身は同期したいけど、サブフォルダまで同期すると容量的に厳しいのでサブフォルダを同期しないという設定を追加したという訳である。

なんで今まで思いつかなかったのかというくらい簡単な機能に思えるが、そこにマイナーなアプリケーションゆえの事情があった。

ある程度、アプリケーション知名度が上がると使い方を報告する人や不具合を報告する人が出てくるのだが、マイナーなアプリケーションではそういう可能性は低い上に、自分で使う分には往々にして同じ使い方しかしないのでたかが一つの簡単な機能もなかなか思いつかなかったという訳である。

という訳で、久々のバージョンアップである。

続きを読む