プログラマ 福重 伸太朗 〜基本へ帰ろう〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-11

ユースケースからクラスを抽出する際の注意!

ユースケースからクラスを抽出するさいの注意!

クラスとは「人物」に限らない。「役割」さえ持っていれば、必ずしも人物である必要はない。

○名詞抽出法

ユースケースからクラスを抽出する方法のひとつ。名詞を抽出して、クラスになりそうなものを選択する。

[ なぜ、あなたはJavaオブジェクト指向開発ができないのか P137 ]

クラスを抽出したら、クラスの関連性を洗い出す!

クラスの関係性を洗い出す理由は、

「それぞれのオブジェクトがどのようにメッセージを送りあうのか、考えやすくなる」

それにより、

・どのクラスからどのクラスへメッセージを送るのか

・どのようなメッセージを送るのか

・メッセージを受け取った結果、どのように振舞うのか

を知る。

このようなつながりを、オブジェクト指向では「関連」と呼ぶ。


[ なぜ、あなたはJavaオブジェクト指向開発ができないのか P140〜P143 ]

各クラスの属性を洗い出す

属性とは、「インスタンスごとに用意されるべき要素」

○ポイント

・他のクラスからの操作によって影響を受けるオブジェクト固有の状態

・他のクラスから必要とされるオブジェクト固有の情報

・外部に影響しない属性は不要である(不要な属性が大量に出てしまうため)


うーん。属性(インスタンス変数)だと、プレイヤーの名前とか考えてしまうけど、違うのね。。。