スマートフォン用の表示で見る

ガラナ

動植物

ガラナ

がらな

[葡] guaraná

ガラナは、ムクロジガラナ属のつる植物で、原産地はブラジルアマゾン川流域。

今でもブラジルでの栽培が多い。葉は5小葉からなる複葉で、長い柄があって互生する。葉腋から花軸を出し、穂状に花をつける。花期は7〜8月で、3ヵ月後に紡錘形の赤い果実が熟す。種子は球形で表面に黒い光沢があり,直径約8mm,コーヒーの約3倍(4.3%)のカフェインやタンニンが含まれている。これらをアルコール抽出したエキスには強壮効果、疲労回復効果、鎮痛、解熱などがあるとされ、サプリメントなどにも多く利用されている。

グアラニー族は、果実を採って積み上げて発酵させ,種子を取り出し,粉にしてカカオまたはキャッサバデンプンとともに水で練って,長さ15cm,直径3cmほどの棒状にし燻煙乾燥すると,褐色になりひじょうに硬くなる。これを必要に応じてすりおろして湯に溶かし、砂糖で甘みをつけて飲料としている。

日本では、ガラナを配合したチョコレートが強壮剤の一種として販売されるが、一般的には炭酸飲料であるガラナ飲料が知られる。また近年では、ガムやタブレットに配合されたものが販売されている。


関連語 :植物